思いやり横断、日本一へ 伊豆市が署名活動

伊豆日日版 2017年07月15日

来店客に署名の協力を依頼する関係者=伊豆市修善寺
来店客に署名の協力を依頼する関係者=伊豆市修善寺

 夏の交通安全県民運動(20日まで)の一環として、伊豆市は14日、「思いやり横断、日本一」事業の署名活動を修善寺のマックスバリュ修善寺店、セリア伊豆修善寺店前などで行った。今後は署名活動を拡大する考えで、市内の運転免許証所持者の10分の1に当たる2200人の署名を目指すという。

 市と交通安全協会大仁地区支部、大仁署などから約20人が参加した。来店客に趣旨を説明して署名を依頼し、賛同者にはポケットティッシュなどの啓発品を配った。のぼり旗も掲げてアピールした。

 歩行者とドライバーの両者が思いやりを持つことで、交通事故を減らす取り組み。同市は交通安全重点目標の「横断歩行者の交通事故防止」を目的に、3年前から推進している。主に交通安全運動期間中に署名を集め、これまでに900人以上の賛同を得た。今後は市役所などにコーナーを設置し、常時協力を求めることなども検討している。

 【写説】来店客に署名の協力を依頼する関係者=伊豆市修善寺

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)