夏の交通安全運動スタート 交差点で事故防止訴え―伊豆の国

伊豆日日版 2017年07月12日

通学する生徒に交通安全を訴える参加者たち=伊豆の国市長岡
通学する生徒に交通安全を訴える参加者たち=伊豆の国市長岡

 「夏の交通安全県民運動」が11日に始まった。伊豆の国市では初日朝、大仁署の署員や市職員、市内各区の関係者ら466人が主要10交差点に立ち、通学通勤者に事故防止を呼び掛けた。20日まで。

 各地で出発式を開いた後、啓発活動に取り組んだ。市役所では45人が式に臨み、同署の佐野信浩副署長は「人身事故の発生件数、けが人は昨年より減っているが、死亡事故は増えている。昨年は今の時期で0件だったが、今年はもう3件。これ以上事故を起こさないよう、活発な活動をしてほしい」と呼び掛けた。

 運動スローガンは「安全をつなげて広げて事故ゼロへ」。重点目標として、(1)高齢者と子どもの事故防止(2)二輪車安全利用の推進(3)飲酒運転根絶―のほか、同署管内は(4)追突事故の防止を掲げている。【関連3面】

 【写説】通学する生徒に交通安全を訴える参加者たち=伊豆の国市長岡

各地の最新の写真
伊東
「メガソーラーがジオ再認定、妨げないか」 観光委で中田県議
下田
花の会稲取支部に県感謝状 道路利用者会議、環境美化に貢献
中伊豆
華麗な演舞で魅了 16周年で特別ショー―伊豆・百笑の湯
熱海
書、絵画、写真など14点 環境芸術祭に作家8人―熱海・起雲閣 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)