こぶし大の塊2個出現 モリアオガエルが産卵―伊豆の国・北条寺

伊豆日日版 2017年05月19日

樹上にできたモリアオガエルの卵塊=伊豆の国市の北条寺
樹上にできたモリアオガエルの卵塊=伊豆の国市の北条寺

 伊豆の国市南江間の北条寺(渡辺文浩住職)の池で、県の準絶滅危惧種になっているモリアオガエルの産卵が始まった。18日現在2個の卵塊を確認。渡辺住職によると、例年10個ほどができるという。

 池はモリアオガエルの卵が流されないよう、10年ほど前にコンクリートで固めて整備した。樹上や池の縁にこぶし大ほどの白い卵塊ができている。

 渡辺住職によると、毎年産卵期になるとモリアオガエルの鳴き声が響くという。「雄が雌を呼んでいるのか、雨が降るとギャーギャー鳴く」と笑う。雨が降った後は一気に卵が増えるという。

 渡辺住職は「県の準絶滅危惧種になっていると最近知り、驚いている。このまま無事に育っていくといい」と話した。

 【写説】樹上にできたモリアオガエルの卵塊=伊豆の国市の北条寺

各地の最新の写真
伊東
知事「メガソーラー反対の声受け止めた」 伊東の2団体署名提出 
下田
きょうから国際カジキ釣り 参加艇でクルーズ、下田の児童満喫
中伊豆
鳥獣食害軽減へ 効果的な捕獲法普及―伊豆市が対策実施隊設置
熱海
ふれあい作業所、利用者工賃、県内トップ級―熱海

最新写真特集