3河川で草木、泥2万キロ 2000人が“水の都”大掃除―三島

伊豆日日版 2017年05月16日

御殿川の清掃に汗を流す住民と市職員=三島市中田町
御殿川の清掃に汗を流す住民と市職員=三島市中田町

 三島市と住民が協働で取り組む「第37回三島の川をきれいにする奉仕活動」が14日、市内3河川で繰り広げられた。流域20自治会と協力15団体などから約2千人が参加。梅雨を前に“水の都”の清流を大掃除した。

 活動は毎年この時期、清らかなせせらぎと美しい水辺環境を守り、美しい町づくりを推進するため実施している。市街地を流れる桜川、御殿川、蓮沼川に捨てられたごみ(空き缶、茶わんのかけら)拾いや草刈り、必要に応じて汚泥を除去した。

 回収量は2万2370キロ(前年比6700キロ増)。内訳は草木1万6030キロ(同5910キロ増)汚泥6340キロ(同790キロ増)。草木の回収量が急増した。運搬に延べ32台の車両を稼働している。

 奉仕活動は1981年から開始。毎年5月第2日曜日に実施していることから、三島ならではの風物詩として定着。子どもから高齢者まで多くの住民が参加して清掃奉仕に汗を流した。

 【写説】御殿川の清掃に汗を流す住民と市職員=三島市中田町

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「伊東湯のまちバル」 3枚つづり券初販売
下田
西伊豆仁科、テングサ漁が解禁
中伊豆
「今後の中学在り方は」 伊豆市議会報告会、3テーマで意見交換
熱海
陥没や側溝13カ所確認 網代連合町内会、市道改修を要望―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)