小野氏、大差で再選 秋田氏に4536票差―伊豆の国市長選

伊豆日日版 2017年04月17日

支援者とバンザイ三唱し再選を喜ぶ小野氏(右)=伊豆の国市南条(16日午後10時40分ごろ撮影)
支援者とバンザイ三唱し再選を喜ぶ小野氏(右)=伊豆の国市南条(16日午後10時40分ごろ撮影)
初当選を祝い、だるまに目を入れる井川氏(左)=伊豆の国市大仁の事務所(16日午後11時10分ごろ撮影)
初当選を祝い、だるまに目を入れる井川氏(左)=伊豆の国市大仁の事務所(16日午後11時10分ごろ撮影)
伊豆の国市議選開票結果
伊豆の国市議選開票結果
伊豆の国市長選開票結果
伊豆の国市長選開票結果

 ■投票率 前回3・06ポイント下回る

 任期満了に伴う伊豆の国市長選・市議選は16日、投開票が行われ、無所属の現職と新人の3人で争った市長選は現職・小野登志子氏(72)=南条=が1万3045票を獲得し、新人・秋田清氏(66)=山木=の8509票、柴田三智子氏(58)=同=の3012票を大きく引き離し、再選を果たした。定数17の市議選は無所属の新人・井川弘二郎氏(30)=大仁=が上位で当選。市制施行後の最年少当選者となった。ほか、再選含め16人の新市議が誕生した。投票率は61・31%で、県議補選を含んだ4年前のトリプル選64・37%を3・06ポイント下回った。

 市長選は明確な争点がない中、2期目を目指す小野氏に新人の秋田氏と柴田氏が挑む構図となった。

 小野氏は4年間の実績をアピール。スポーツワールド跡地への企業誘致を本契約としたことなどを挙げた上で、「前に進めよう、伊豆の国市」をスローガンに新たな人の流れをつくることや観光振興、福祉施策を訴えることで続投を望む市民の声を取り込んだ。

 秋田氏は1年ほど前から高齢者や子育ての福祉向上を訴え続けたほか、サッカー場建設や新たな観光振興策を主張したが、現職の厚い壁に阻まれた。柴田氏は市内の各種団体と話をすることで浸透を図ったが、2月の出馬正式表明といった出遅れを取り戻すことができなかった。

 南条に構えた小野氏の選挙事務所には午後10時35分ごろ、当選確実の一報が入り、喜びが広がった。間もなく事務所に到着した小野氏は、支援者と笑顔でバンザイ三唱して再選を喜び合った。

 ■小野氏「実績評価うれしい」

 小野氏は「争点がよく分からない大変厳しい選挙だった。私だけではなく、これまでの行政すべての実績が評価され、認められてうれしい」と感謝。「今後は新しいマニフェスト『新七つの命題』を一つ一つ丁寧に実現したい」と述べた。

 ■秋田氏「現職の壁厚かった」

 秋田氏は午後10時45分ごろ、山木の選挙事務所で集まった支援者を前に「私自身の力不足だった。現職の壁は厚かった」と選挙戦を振り返り、「長い期間本当にありがとう」と感謝の言葉を述べた。

 ■柴田氏「力およばなかった」

 柴田氏は「不徳の致すところ。力がおよばずだった。伊豆の国市に対して一石を投じることができたと思う。これからが私のスタートだと考えている。自分にできることをしていく」と話した。

 ■伊豆の国市長選当選者の略歴

 小野 登志子(おの・としこ)72 無現(2) 元県議 元韮山町議 伊豆保健医療センター理事長 日本大卒 南条

 ■きょう当選証書付与式

 市長選・市議選の当選証書付与式は17日午前10時から、市役所で開かれる。

 ■最年少 井川氏トップ―伊豆の国市議選

 井川氏は、大仁の事務所で支援者らと一緒に投票結果を待った。午後11時すぎ、票数が当選ラインを越えたとの知らせを受けると、大きな歓声が湧き上がった。井川氏は「ありがとうございます」などと感謝の言葉を口にした。

 井川氏は「皆さんのおかげでこの結果がでた。これからが勝負なので、謙虚さを忘れずに一生懸命働く」と力強く決意を述べ、支援者から花束を受け、万歳三唱で喜びを分かち合った。

 ■期日前投票、前回比1.79ポイント増加

 伊豆の国市長選・市議選の期日前投票者数は6日間で6008人となった。当日有権者数に占める割合は14・61%。前回の12・82%を1・79ポイント上回った。市選挙管理員会は「制度が浸透し、選挙のたびに徐々に伸びている」と話した。

 当日有権者数は4万1117人(男1万9573人、女2万1544人)。

 【写説】支援者とバンザイ三唱し再選を喜ぶ小野氏(右)=伊豆の国市南条(16日午後10時40分ごろ撮影)

 【写説】初当選を祝い、だるまに目を入れる井川氏(左)=伊豆の国市大仁の事務所(16日午後11時10分ごろ撮影)

各地の最新の写真
伊東
子ども商売体験拡大 伊東商議所・気鋭の会が総会
下田
現職、新人が一騎打ち 町議補選は谷氏当選―南伊豆町長選開始    
中伊豆
五輪・パラへ自転車学習 天城中生が魅力発見―県・伊豆市
熱海
市に県交安対策協表彰 死亡事故ゼロ500日達成―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)