8季ぶりVリーグ優勝しパレード 東レアローズ男子―三島

伊豆日日版 2017年04月17日

優勝祝賀パレードで沿道を埋めた市民に手を振る選手=三島市の三嶋大社前県道
優勝祝賀パレードで沿道を埋めた市民に手を振る選手=三島市の三嶋大社前県道

 ■「多くの支援が後押し」

 バレーボールのV・プレミアリーグで優勝した東レアローズが16日、三島市大社前から広小路までの県道約700メートルで祝賀パレードを開いた。選手ら約30人は沿道を埋めた市民らと8季ぶり3度目の優勝を喜んだ。

 男子チームは3月中旬、東京で開かれた優勝決定戦で豊田合成トレフェルサに2連勝して優勝を決めた。

 三嶋大社本殿で奉告祭を行い、鳥居前で優勝報告セレモニーを開いた。選手らは大型トラックに乗り込み、パレードに出発。三島南高吹奏楽部の演奏を先頭に走りだすと、市民に笑顔で手を振った。この後、市生涯学習センターでファンとの集いを開き、サインや握手会を行った。

 セレモニーで本拠地の三島工場の黒川健工場長が「多くの支援が選手の背中を押した」小林敦監督は「進化、変化を恐れず今後も精進する」とあいさつ。渡辺俊介主将は「目標の優勝ができた。5月の大会でも優勝し初の3冠を取りたい。盛大に応援してほしい」と感謝した。

 【写説】優勝祝賀パレードで沿道を埋めた市民に手を振る選手=三島市の三嶋大社前県道

各地の最新の写真
伊東
20周年記念誌が完成 伊東国際交流協、市に52冊寄贈
下田
稲取中バレー部、初めて男女とも県大会へ 女子は40年ぶり
中伊豆
森林整備の大切さ再確認 伊豆で間伐体験
熱海
風評被害の払拭など 熱海で正副会長ら会議―温泉都市議長協

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)