最上級遠藤さん埼玉連覇 八代杯伊豆最強戦将棋―伊豆の国

伊豆日日版 2017年03月21日

八代六段(左)、小池会長(中)と各クラス優勝者
八代六段(左)、小池会長(中)と各クラス優勝者
盤上の熱戦を展開する参加者=伊豆の国市の韮山時代劇場
盤上の熱戦を展開する参加者=伊豆の国市の韮山時代劇場

 ■3部門103人が熱戦 

 東伊豆町出身のプロ棋士八代弥(わたる)六段を伊豆全体で応援することを目的にした「第3回八代杯伊豆地区最強戦将棋大会」(日本将棋連盟伊豆地区支部連合会主催、ワイ・シー・シー協賛、伊豆新聞本社・伊豆日日新聞・熱海新聞後援)が20日、伊豆の国市の韮山時代劇場で開かれた。3部門に県外含め103人が出場。盤上で熱い戦いを繰り広げた。

 実力上位者のA級に29人、B級に48人、小学生以下のC級に26人が出場。5対局ずつ行い優勝を争った。

 A級は昨年に続き埼玉県の遠藤正樹さんが優勝。「最後まで熱戦だった。機会があれば来年も八代六段を応援に来たい」と語った。B級は田中耕治さん(神奈川県)、C級は萩本夏々彩さん(沼津市)が制した。

 開会式で同連合会の小池定栄会長は、八代プロが2月の朝日杯将棋オープン戦で初優勝し、六段に昇段したことに触れ「日々精進している結果」とたたえた。八代六段は「ようやく良い報告ができホッとしている。伊豆地区の人たちの応援のおかげ。これからも頑張る」と述べた。

 大会終了後は、八代六段の優勝報告会・祝賀会も開いた。

 2位以下の結果は次の通り。

 A級(2)鈴木隆雄(長泉町)(3)柳谷翔太(千葉県)▽B級(2)佐々木香歩(沼津市)(3)田代健太郎(神奈川県)▽C級(2)福島一輝(函南町)(3)三沢秀尚(御殿場市)

 【写説】八代六段(左)、小池会長(中)と各クラス優勝者

 【写説】盤上の熱戦を展開する参加者=伊豆の国市の韮山時代劇場

各地の最新の写真
伊東
「噴火可能性」で避難訓練 東部火山群防災協が初―伊東
下田
「天城荘」が民事再生 テルマエロケ地―河津七滝
中伊豆
神島ポンプ場が完成 被害軽減へ4月供用―伊豆の国
熱海
17年度でハード完了 熱海市民安全会議で県―熱函道路事故対策

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)