「文教中止なら影響」 一般質問で菊地市長―伊豆市議会

伊豆日日版 2017年03月11日

 ■病院移転「他にない」

 伊豆市議会3月定例会は10日、前日に引き続き一般質問を行った。文教ガーデンシティ構想を中止した場合について、菊地豊市長は「中伊豆温泉病院(の市内移転)は白紙になる」「地権者の精神的不安や、行政への不信感などが危惧される」などと述べ、さまざまな影響が出ることを示した。杉山誠氏に対する答弁。

 杉山氏は、文教ガーデンの予定地以外で、同病院の移転誘致の可能性があるか質問。菊地市長は「他には場所がない」と答えた。事業中止による国や県、地権者との問題では「県の指定を受けた内陸フロンティア推進地域は取り下げられる。青地農地の転用、農振除外の見直しもある。県の信頼を失う」「一番心配なのは地権者。すでに具体的な交渉を進めている」などと答弁した。

 合併特例債について菊地市長は「2019年度の借り入れが期限。逆算すると今議会の承認が必要」「合併特例債を使わず事業を行った場合、実質的負担は相当大きくなる」と答弁。その上で「中学再編は当初16年の計画だったが、市教育委員会でスケジュールを見直した。統合するなら合併特例債を使用することになった。特例債を使うための統合ではない」とこれまでの説明を繰り返した。

 市は「修善寺中を新中学校として整備」「中伊豆・天城中を建て替え、修善寺中は長寿命化を図る」場合の財政負担を説明。いずれも文教ガーデンの統合より、市の負担が大きくなることを示した。

各地の最新の写真
伊東
鉢植えに行列 BS・GS団員らみどりの募金運動―伊東
下田
「見て、体験」145万人 黄金崎クリパ20周年記念式典
中伊豆
コミカルな演技に笑い 創作劇・しろばんば上演―伊豆
熱海
親水公園で初マルシェ 手工芸、飲食の35ブース並ぶ―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)