反射炉と花共演 あすまで初のフェア―伊豆の国 

伊豆日日版 2017年03月11日

色とりどりの花に包まれる会場=伊豆の国市の韮山反射炉芝生広場
色とりどりの花に包まれる会場=伊豆の国市の韮山反射炉芝生広場
最優秀賞の表彰を受ける深瀬さん=伊豆の国市の韮山反射炉芝生広場
最優秀賞の表彰を受ける深瀬さん=伊豆の国市の韮山反射炉芝生広場

 ■式典、コンテスト表彰も 

 伊豆の国市の「花咲く伊豆の国フェア2017イン韮山反射炉」(花咲く伊豆の国推進協議会、市主催)が10日、韮山反射炉芝生広場で始まった。12日まで。花の寄せ植えやミニガーデンが並び、住民や観光客が世界文化遺産・韮山反射炉と大輪の花との共演を観賞した。

 官民一体で花と緑にあふれた町づくりを目指す取り組みの一環として初めて開いた。フェアに合わせてコンテストを開いており、出品されたハンギングバスケット(一般の部、市民の部)97点、コンテナガーデン(市民の部のみ)35点、ミニガーデン(広告花壇の部、春のガーデンの部)19点が並んだ。

 オープニングセレモニーでは市立共和幼稚園の年長園児33人が「ありがとうの花」を歌ったほか、同協議会の構成団体の代表者らにレイをかけ盛り上げた。

 小野登志子市長は関係者への感謝と併せてあいさつ。式典とコンテストの表彰後は出席者らが自由に花を見て回った。園児からは「色がたくさんですごい」「ピンクがきれい」といった声が上がった。

 午前10時~午後5時(12日のみ午後3時まで)。12日は午後3時から、一部展示用の花苗の販売を行う。

 ■最優秀に深瀬さん(伊豆の国) マップコンテストの表彰 

 「花咲く伊豆の国フェア2017イン韮山反射炉」のオープニングセレモニーでは、市が昨年9~11月に募集していた「まちあるきマップコンテスト」最優秀賞の表彰も同時に行った。

 県内外から14点の手作りマップが寄せられた。最優秀賞は同市の主婦・深瀬雅子さんの作品で、大仁地区の街並みが詳しく記されている。深瀬さんは「駅から歩いて行けるところに山や川、梅林があって、作っている最中に『なんて良いところなんだろう』と改めて感じた」と話した。

 優秀賞には東京都の大学生橋本惇さん、沼津市の看護師青木藻子さんの作品が選ばれた。市は全作品をホームページで紹介するという。

 【写説】色とりどりの花に包まれる会場=伊豆の国市の韮山反射炉芝生広場

 【写説】最優秀賞の表彰を受ける深瀬さん=伊豆の国市の韮山反射炉芝生広場

各地の最新の写真
伊東
振り込め撲滅へ40人 伊東署、各区推薦の指導員委嘱
下田
カツオ100本さばき提供 岩地温泉大漁まつりにぎわう―松崎
中伊豆
「家族のように接した」 井上靖ふるさと会が座談会―湯ケ島
熱海
釣り愛好者が清掃活動 海岸の環境保全に貢献―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)