富士山や出雲立体的絵画21点 三島で太田さん作品展

伊豆日日版 2017年02月15日

富士山や出雲を描いた作品と太田さん=三島市のギャラリー・エクリュの森
富士山や出雲を描いた作品と太田さん=三島市のギャラリー・エクリュの森

 伊豆の国市(旧伊豆長岡町)出身の画家太田宗平さん(83)の「紙彩画富嶽(ふがく)展」が14日、三島市大宮町のギャラリー・エクリュの森で始まった。オリジナル技法「紙彩画」で描いた富士山や出雲などの絵21点が並んでいる。

 紙彩画は紙を溶かして色をつけ、和紙に乗せていく技法。凹凸が立体的にも見え、鑑賞に来た人の目を引きつけている。さまざまな方面から見た富士山や、出雲大社、奥出雲といった作品が展示されている。25日まで。

 午前11時~午後6時で、日、月曜日休み。問い合わせは同ギャラリー〈電055(976)2320〉へ。

 【写説】富士山や出雲を描いた作品と太田さん=三島市のギャラリー・エクリュの森

各地の最新の写真
伊東
次世代に「芸妓」継承 伊東市文化振興会議、基本構想を報告
下田
花菖蒲園、開花遅れ 1日開園も12日までは無料―河津観光協
中伊豆
発達支援事業所設置を 親の自主グループ、市長らに陳情書―伊豆
熱海
児童支援と見守りを 街頭でキャンペーン―熱海健福センターなど

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)