国保税上限額2万円増へ 三島市運営協が市に答申

伊豆日日版 2017年02月14日

 ■現役高齢者の負担も

 三島市国民健康保険運営協議会(藤江康儀会長)はこのほど、豊岡武士市長に国保税引き上げを答申した。基礎課税分(医療分上限額)52万円を54万円、後期高齢者支援金分(現役世代の支援負担上限額)17万円を19万円に引き上げる内容。議会で条例改正が可決されれば、4月1日施行の見通し。

 改正により、国保は1万7000世帯のうち、約580世帯が増額対象となる。同協議会は「適正運営に向け、国や県に各種情報を早期に提供するよう求める」などの意見を付けた。

各地の最新の写真
伊東
避難勧告など名称変更 伊東市防災会議、計画修正案を承認
下田
職員の割引券付き名刺廃止 公選法抵触の疑い―南伊豆町
中伊豆
先祖の霊、慰める 彼岸中日、各寺院に墓参者―伊豆の国
熱海
伊豆文学賞優秀作品集を発刊 「熱海残照」ちなむカレンダーも

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)