国保税上限額2万円増へ 三島市運営協が市に答申

伊豆日日版 2017年02月14日

 ■現役高齢者の負担も

 三島市国民健康保険運営協議会(藤江康儀会長)はこのほど、豊岡武士市長に国保税引き上げを答申した。基礎課税分(医療分上限額)52万円を54万円、後期高齢者支援金分(現役世代の支援負担上限額)17万円を19万円に引き上げる内容。議会で条例改正が可決されれば、4月1日施行の見通し。

 改正により、国保は1万7000世帯のうち、約580世帯が増額対象となる。同協議会は「適正運営に向け、国や県に各種情報を早期に提供するよう求める」などの意見を付けた。

各地の最新の写真
伊東
次世代に「芸妓」継承 伊東市文化振興会議、基本構想を報告
下田
花菖蒲園、開花遅れ 1日開園も12日までは無料―河津観光協
中伊豆
発達支援事業所設置を 親の自主グループ、市長らに陳情書―伊豆
熱海
児童支援と見守りを 街頭でキャンペーン―熱海健福センターなど

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)