リレー63チーム疾走 個人は過去最多130人―三島クロカン

伊豆日日版 2017年02月13日

一斉にスタートを切る小学生たちとオープン参加選手(右)=三島市御園の日本大国際関係学部御園グラウンド
一斉にスタートを切る小学生たちとオープン参加選手(右)=三島市御園の日本大国際関係学部御園グラウンド

 「第14回三島クロスカントリーリレー大会」(三島市陸上競技協会主催、伊豆日日新聞など後援)が11日、同市の日本大国際関係学部御園グラウンドで開かれた。リレーと個人で延べ500人以上が出場。懸命にたすきをつなぎ、爽やかな汗を流した。

 リレーは5区間11・9キロの周回コース。小学生から一般まで63チームが参加した。個人は2・3キロで、過去最多の130人がエントリーした。

 開会式で同協会の山本武久会長は「陸上の底辺の拡大を目指す一環で開催している。クロスカントリーコースを初めて走る選手もいると思うが、経験を積んでいってほしい」とあいさつ。好天に恵まれ風も弱い絶好のコンディションで、選手たちは入念なウオーミングアップの後、コースを疾走した。保護者らも大勢駆けつけ、選手たちへ精いっぱい声援を送った。

 会場には甘酒のサービスなどもあり、走り終えた選手たちが疲れた体を癒やした。

 (結果は後日掲載)

 【写説】一斉にスタートを切る小学生たちとオープン参加選手(右)=三島市御園の日本大国際関係学部御園グラウンド

各地の最新の写真
伊東
「噴火可能性」で避難訓練 東部火山群防災協が初―伊東
下田
「天城荘」が民事再生 テルマエロケ地―河津七滝
中伊豆
神島ポンプ場が完成 被害軽減へ4月供用―伊豆の国
熱海
17年度でハード完了 熱海市民安全会議で県―熱函道路事故対策

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)