一般会計1.1%減179億円 高齢者の足確保、新年度予算案―伊豆の国市

伊豆日日版 2017年02月10日

 伊豆の国市は9日、2017年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・1%減の179億6千万円。韮山反射炉ガイダンス施設や長岡北小体育館の整備終了に伴う建設事業費減により2年連続の減額となった。新規事業に高齢者の生活の足の確保、子育て支援などを盛り込んだ。【主要事業一覧3面】

 バス・鉄道利用促進事業に約1731万円を計上。高齢ドライバーの免許返納や公共交通機関の利用を促すため、75歳以上の高齢者と重度障害者に5千円分のバス・鉄道利用券を交付する。子どもインフルエンザ予防接種支援として、中学生までの予防接種に対し1回千円、1人につき2千円を限度に補助する。空き教室のあるひまわり保育園大仁分園園舎を改修し0、1歳児の待機児童の解消に努める。

 ブロードバンド基盤整備事業は約1億5125万円で光ファイバー網をほぼ全域に整備し、山間部と平野部との情報通信格差を是正する。5月末の韮山郷土史料館閉館に伴い大仁中央図書館地階駐車場に収蔵庫棟を建設、図書館2階部分と展示室を改修する。2018年度完成予定で、来年度予算案には約2572万円を上げた。

 歳入の根幹をなす市税は約66億2830万円で1・3%増。歳出の人件費と扶助費、公債費を合わせた義務的経費は1・4%減。投資的経費は19・1%減となっている。

 一般会計に特別会計、企業会計を加えた総額は0・6%減の約323億4千万円。

各地の最新の写真
伊東
“日本一”118段飾り仏現寺にお目見えMAGARI雛開幕
下田
南伊豆町17年度予算案 一般会計は57億8100万円
中伊豆
英語併記の箱用表示板 県内トップ、三島署が交差点に設置
熱海
3年間の感謝込め一服 熱海高茶道部、教員招き卒業茶会

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)