柴田三智子氏が出馬表明 「子どもの個性伸ばす教育を」―伊豆の国市長選

伊豆日日版 2017年02月08日

伊豆の国市長選への出馬を正式表明する柴田氏=市内
伊豆の国市長選への出馬を正式表明する柴田氏=市内

 伊豆の国市議の柴田三智子氏(57)=山木=は7日、市内で記者会見し、任期満了に伴う市長選(4月9日告示、16日投開票)への出馬を正式に表明した。

 柴田氏は“市民による市民のための市政”を掲げ「市内には優れたスキルを持っている人がたくさんいる。そうした人材や熟練者の力を借りて、未来へ輝く町づくりを実現したい」と出馬動機を述べた。

 公募の市民会議によって内容を決める住民基本条例を制定し、市民側からのプロジェクトを行政に提案していくと説明。「市民の間からいろんな提言をもらいながら、行政と議会と市民が三位一体となって協働のある町づくりをしていきたい」と語った。

 「子どもたちの個性を伸ばす伊豆の国市ならではの教育を目指す」と主張。具体的には(1)幼児教育への英語教育の取り入れ(2)小学生への農業体験教育の取り入れ(3)中学生の部活動支援として外部指導員の導入―を挙げた。

 柴田氏は旧韮山町出身で旧県立大仁高卒。2003年から町議を2年間、09年から市議を2期務めた。同日辞職願を提出した。

 同市長選には元市議会議長で新人・秋田清氏(66)=山木=と、現職・小野登志子氏(72)=南条=が出馬を表明している。

 後援会事務所は山木219の4、〈電055(949)7404〉。

 【写説】伊豆の国市長選への出馬を正式表明する柴田氏=市内

各地の最新の写真
伊東
「噴火可能性」で避難訓練 東部火山群防災協が初―伊東
下田
「天城荘」が民事再生 テルマエロケ地―河津七滝
中伊豆
神島ポンプ場が完成 被害軽減へ4月供用―伊豆の国
熱海
17年度でハード完了 熱海市民安全会議で県―熱函道路事故対策

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)