その数3万株!全国最大規模のササユリを栽培する天神原植物園「ササユリ祭り」開催15~30日 【南伊豆町】

2018年06月15日

 野山でかれんな薄ピンクの花を咲かせるササユリは6月中旬の今、見頃を迎えています。伊豆半島最南端の南伊豆町・天神原植物園は、1ヘクタールの園内に3万株を栽培する全国最大規模のササユリ園です。15~30日は恒例の「ササユリ祭り」で、風に揺れるたくさんの花を楽しめます。
伊豆急下田駅から車で40分、標高320メートルの開拓集落・天神原に植物園はあります。開発で年々減少する山野草を育て、古くから日本の野山を彩った春夏秋冬の花を楽しむことができます。
中でも特に美しいササユリは愛好家も多いのですが、植え替えがとても難しく素人の手ではすぐに枯らしてしまいます。園長の沼田進さん(83)は20年以上前から研究を続け植え替えに成功し、現在のササユリ園を作り上げました。
ササユリ研究が一段落した沼田さんは近年、ヤマアジサイの新品種作りにいそしんでいます。園内の幅60メートルの石垣一面に赤、青、白、紫、スプレーのようなまだらなど、様々な花を植えこんでいます。こちらも6月の今、見頃を迎えました。沼田さんは「背の低い品種、葉が赤い品種などいろいろ作ってきた。ゆくゆくは研究を本にまとめたい」と傘寿を過ぎてもまだまだ元気に情熱を燃やしています。

 祭り期間中は沼田さんお手製のアジサイ苗の販売もしています。

◆静岡県賀茂郡南伊豆町天神原2722-60
◆電話番号/0558-64-8178
◆営業時間/午前9時~午後5時
◆入園料/大人500円・子ども250円

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画