世界にここだけ?!“おしりの温泉浴”と温泉たまご作りを楽しもう♪ <峰温泉大噴湯公園>【河津町】

2017年12月16日

 河津桜だけじゃない河津の魅力といえば、言わずと知れた「温泉」。旅館や日帰り温泉施設、足湯などでも楽しめますが、今回オススメしたいのが、“たぶん世界にここだけ”と看板にうたう峰温泉大噴湯公園の「おしりの温泉浴」。

 東洋一を誇る大噴湯の峰温泉。同園は毎分600リットル100度の温泉を、高さ約30メートルまで噴き上げる自噴泉を調整して、その様子を楽しんでもらえるようになっていて、「おしりの温泉浴」というのは、なんとベンチの中に源泉をかけ流しているという、他に例の見ないユニークな“温泉浴ベンチ”
 座るとほっこりとジワジワくる温かさ。「お尻が温まる~♪」ブランケットがあれば、コタツに入っているかのよう。

 この日は、町内に住む1~2歳の子どもたちがちょうど遊びに来ていて、かわいいモデルさんとなりました。ベンチに座ると「あったかいね~♪ぽかぽかだね~♪」と優しい会話が交わされ、その後も園内を楽しむ姿に癒やされました。

 大噴湯の噴き上げを見物するのは午前中がオススメ。正面からみると太陽をバックに少し逆光になるけれど、反対側にまわると太陽の光に蒸気が反射して虹がかかったように見えるのです。風向きによっては、濡れるのでご注意を。

 ここへ来たなら、ぜひ体験してほしいのが「温泉たまご作り」。売店で2個150円のたまごを購入し、カゴに入れてもらって約100度の温泉に漬け、待つこと12~13分。

 大地のパワーを受けた熱湯で温泉タマゴが茹であがりました。その後は冷やし水に30秒。

 こちらも売店で購入できる甘酒缶150円。源泉かけ流しの囲炉裏風保温卓で温めます。(甘酒さんが、気持ちよさそうに温泉に入っているようにしか見えない。)

 さて、いただいてみましょう。「おいしい!」自分で作ったから尚おいしい。塩が付いてきますが、そのままでも全然OK。向かいのベンチで先に食べていたご婦人も「おいしいね~。おいしい」と満足した様子で公園を後にしていきました。殻はスタッフさん手作りの紙袋に入れて、観光情報もちらっとチェックしてみたり。

 2月には園内に河津桜も咲き、足湯に入りながら愛でることができます。
 河津町の農家さんの野菜も並びます。ギンナンやワサビの新芽、大根、里芋などが目の前でどんどん減っていきました。居合わせた観光客も「ほんとに安いね」と関心しきり。
町内の人たちも買いに来るほどの人気なんです。

 お決まりのおみくじ「大噴湯おみくじ(100円)」を引いてみました。運勢は中フントー。なかなかいいことが書いてあって、ちょっとホッとしました。

 同公園から海側へ徒歩3分のところには河津名物「チーズどら焼き」を販売している港月堂。ここの前を通るときは必ずと言っていいほど、買って帰ります。河津桜まつりでも人気のスイーツです。

 反対の山側へ徒歩3分のところには、日帰り温泉施設「踊り子温泉会館」があります。伊豆石の大浴場、打たせ湯、泡風呂、サウナがあり、開放感たっぷりの露天風呂からは桜並木を望むことができます。

 河津桜だけじゃない河津の魅力は、まだまだたくさんあります。雄大な自然、地元グルメなどなど、合わせて楽しんでみてください。(野)

◆静岡県河津町峰446-1
◆時間/午前9時~午後4時
◆入園料/無料
※たまごの持ち込み不可
◆噴き上げ回数・時間/1日7回<午前9時半・10時半・11時半・午後0時半・1時半・2時半・3時半> ※1回の噴き上げ時間は1分程です。
◆火曜、金曜日はメンテナンスの為、噴き上げ、売店、足湯、温泉浴ベンチ。保温卓は休み。
◆駐車場/有り(乗用車10台・障害者専用3台)
◆問い合わせ/0558-32-0290<河津町観光協会>

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画