海底熟成ワイン片手に見る西伊豆の夕日!ラグジュアリーなクルーズ船でプチリッチ気分<駿河湾から富士を仰ぐモニタークルージングツアー>

2017年10月17日

船上から見る夕日
船上から見る夕日

 秋晴れのとある日、「快速遊覧船“ドリームスター”で行く!駿河湾から富士を仰ぐモニタークルージングツアー」のサンセットクルーズに参加した。

 午後4時半、集合場所の土肥屋形桟橋に到着。桟橋では釣りを楽しむ観光客で大にぎわい。子どもも大人も夢中になって、釣りを楽しんでいた。伊豆市観光協会土肥支部の職員に聞くと、朝の5時前から釣りを始め、約12時間以上いるつわものもいるそう。

 受付を済ませた総勢37人のツアー参加者たちは、口々に「今日は天気がいいので、夕日はばっちりですね」「富士山、見えるかな」などと話し、テンションUP!美しい夕日に対する期待が膨らむ。

 船に乗り込み、いよいよ、サンセットクルーズがスタート!「ドリームスター」は、木目調の素材を使用したラグジュアリーな造りが特徴。今回のツアーでは特別に中伊豆ワイナリーの「海底熟成ワインらぶ・まーれ」が振る舞われた。

 「海底熟成ワインらぶ・まーれ」は、伊豆市八木沢の水深15メートルの海底で熟成。その後、土肥金山坑道奥で保存し、金脈の金運パワーを受けたスペシャルなワイン。

 後方デッキで海風に吹かれ、ワインを楽しんでいると、早くも夕日のベストビュースポットに船は到着。ゆっくりと、夕日が海に沈むのと同時に周りの雲もあかね色に色付き、海上にキラキラ輝く、夕日の帯が現れた。

 ちょうどその時、一隻の船が夕日の前に登場。海、空、夕日、船が一体となった様子は、まるで絵のような美しさ。身を乗り出して眺めたり、カメラやスマホで撮影する人が続出した。

 この日は残念ながら、富士山は顔を見せず。夕日を堪能した後は、日本一深い湾、最深部2500メートルの「駿河湾」を眺める。富士山の標高を上回る深海魚たちに思いをはせ、しばし瞑想。

 ツアーは他に、「朝焼けの富士山を眺めるモーニングクルーズ」と、午前10時出発の「ジオと富士山を眺めるデイクルーズ」がある。

 あっという間に50分間が過ぎ、もっと乗っていたい気持ちを抑え、船を下りた。富士山や夕日の絵はがきのプレゼントをもらい、クルーズは終了した。

 陸から見る夕日の美しさはもちろん、今回のツアーで海上から見る夕日のその迫力に圧倒された。とにかく大満足のツアーだった。

 富士山、朝焼け、ジオスポット。もっともっと見たい景色が西伊豆にはたくさんある。次回の開催が待ち遠しい。(M)

◆問い合わせ先:伊豆市観光協会土肥支部 0558-98-1212(平日 午前9時~午後5時)

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画