-初夏の修善寺- 伊豆の小京都を彩る花しょうぶ♪6月5~20日開催 <修善寺花しょうぶまつり>【伊豆市】

2017年05月22日

 伊豆の小京都と呼ばれる伊豆最古の温泉が湧き出る修善寺では、初夏を彩る「修善寺花しょうぶまつり」が、6月5日から開催されます。
 古都の町並みに、花しょうぶの鉢植えが飾られ、修善寺温泉街を彩ります。
 同時開催の<修善寺虹の郷>では、約300種7000株の花しょうぶが「日本庭園」に咲き誇ります。期間中、4日間(6月3、4、10、11日)の早朝開園も行います。

 桂川のせせらぎを聴きながら、初夏の修善寺散策。

 <竹林の小径>の縁台に座って、仰向けに見上げる竹林は一味違った景色です。

 修善寺散策でオススメの和スイーツといえば、<茶庵 芙蓉>の “抹茶白玉あずき”。
 注文が入ってから作るモチモチとした弾力の白玉だんごと、北海道産の小豆を炊いて作ったあずきは、ふっくらと食感豊かな甘さでやみつきに。

 手入れの行き届いた明治末期の日本家屋。積み重ねた時間だけが醸しだす風情があります。

 優しい風がそよぐ座敷でいただきます。

 書家・金沢翔子さんの美術館<銀座金沢翔子美術館 修善寺>は、新井旅館の離れ「山陽荘」にあります。

 新井旅館は、1872(明治5)年の創業。弘法大師・空海の孝行伝説にまつわる桂川に寄りそうようにして建ち、15棟の建物は国の有形文化財に登録されています。

 力強い書の数々。

 日本建築の美しさと、季節を彩る庭園を眺めながら楽しめるロビー横の喫茶は、宿泊者と同美術館を観賞した人に限り利用可能です。

◆<修善寺花しょうぶまつり>開催期間/2017年6月5日(土)~20日(日)
◆場所/修善寺温泉街(修禅寺・筥湯・しゅぜんじ回廊 他)
◆問い合わせ/0558-72-2501(伊豆市観光協会 修善寺支部)
◆<修善寺虹の郷・花しょうぶ園>/花菖蒲早朝開園(午前6時半開園)6月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画