ワンスプーンで感動♪高原リゾートで味わうこだわりのふわふわかき氷<HELLO>【伊東市】

2016年07月19日

伊豆のミカンを使用した「みかん山」
伊豆のミカンを使用した「みかん山」

 伊東市伊豆高原、大室山近くに2016年7月にオープンしたかき氷専門店<HELLO>。「おっ、こんなところにかき氷屋?」と見つけた瞬間、思わず笑顔になってしまう緑の中に揺れる「氷」ののれんが目印。

 玄関で靴を脱ぎ、木目調の落ち着いた家具が配置された高級感あふれる部屋に通されると、「これから出てくるかき氷」を想像し、早くもテンションUP。

 オーナーの影山誠一(まこと)さんは、「かき氷との出合いは、今から10年以上前に食べた東京・都立大学にある『ちもと』のかき氷。ちもとは、夏季限定で登場するかき氷を求めて、連日の大行列ができる人気店で、ふわふわとした食感と、ミルク&抹茶の白と緑のコントラストの美しさに感動した。氷の中に、水羊羹(ようかん)や白玉など、和菓子が入っているのにも驚いた。即、“かき氷作りを教えてほしい”と、ちもとの2代目オーナーに願い出て教えを受け、自分のかき氷人生がスタートした」と話す。その後のオーストラリア生活でも、愛用のかき氷機で家族や友人たちにかき氷を振る舞い、腕を磨いたという。

 同店のかき氷は、かき氷の師匠ちもと同様、とにかく“ふわふわ”の一言につきる。口に入れた瞬間に、「ふわ~」と溶けてなくなるやさしい氷は、一つ一つ丁寧に、空気を入れるように氷をかくことで完成する。出来上がるまでに多少、時間はかかるが、特別注文で焼いた専用の器に盛られたかき氷は、まさに芸術品といえる。

 「食べるのがもったいないな~」と、しばし眺めてしまう人が続出する美しさで、もちろん、氷を食べた時に起きる「キーン」とした特有の頭痛などなく、体にも優しいかき氷となっている。

 6種類あるメニューのうち、特に地産地消にこだわっているのが、「みかん山」と「いちごミルク」。

 「みかん山」のシロップは、水は一切、使わずに、伊豆のミカンの果肉と皮のみを使用。中に寒天入り。

 「伊豆のミカンは、とてもおいしい。これはぜひ、かき氷にしてみんなに食べてもらいたいと思った。温州ミカンだけではなく、いろいろなミカンが入っているので、ネーミングは“みかん山”にした」と奥さんの朗子(さえこ)さん。

 ミカンの苦みを取るのに苦労したが、試行錯誤の末、納得の味になったという。添えられたキンカンの甘煮が、風船のようでとてもかわいく、女性心をくすぐる一品となっている。

 「いちごミルク」は、伊豆産のフレッシュな紅ほっぺイチゴと砂糖を何層も重ね、2~3週間発酵させて作ったジュースを使用。こちらも、水は一切、入れていない。発酵のガスで圧縮されたイチゴの食感も面白い。

 他に、誠一さんが“かき氷の域を超えたスイーツ”と称するコーヒー寒天入りの「キャラメル」や、練乳の上にココアをかけた見た目も美しい「ココアミルク」、食べ進めていくと、餡(あん)、黒蜜、寒天が登場し、かき氷からあんみつへの変化を楽しむことができる「宇治抹茶」などがある。

 甘いのが苦手という人に好評なのが、ナタデココ入りの「パイナップルヨーグルト」。フレッシュパインと、ギリシャ風ヨーグルトを使用し、練乳もヨーグルト練乳を使うなど、つながりを持たせ、かき氷ながら「さっぱり」と食べられるのが特徴。

 誠一さんいわく「寒天を食べたとき、そのやさしさに日本人はホッとするのかも? もう少し、食べたいなという感じが良い」。

 メニューには載っていないが、オーストラリアなどで流行っている「ベビーチーノ」にヒントを得て、「ベビーアイス」という子ども用のかき氷もある。一つのかき氷を食べきれない小さな子どもにお薦め。

 ベビーチーノとは、泡立てたミルクを小さなカップに注いだもので、いわば、カプチーノの“泡”版。ソーサーもついており、見た目も本格的なので、子どもたちはカフェでちょっぴり、大人気分を味わうことができると大好評。親子でカフェを楽しむ文化に一役買っているといえる。

 「伊東はとてもいいところ。みんなが集まり、地元に人に愛される、コミュニティーの場、出合いの場所にしたい。店名の“HELLO”も、“ようこそ”“ウエルカム”の気持ちを込めて付けた」と誠一さん。

 外のデッキは、待ち合い場所として利用。ゆったり、気持ちよく過ごしてほしいとの思いから、デザインにもこだわり、居心地よい空間とした。

 リゾート地・伊豆高原の森の中、リーズナブルな価格で楽しむこだわりのかき氷専門店<HELLO>は、今年、大注目のスポットとなること間違いなし。(M)

◆店名:かき氷専門店・HELLO
◆住所:伊東市大室高原3-509
◆電話:090-2683-5064
◆営業時間:午前11時~午後5時
◆定休日:木曜・第3金曜
◆駐車場:あり

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画