“伊豆旅”の思い出に♪伊豆を巡ってオリジナルの手拭いを作ろう<伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい>

2015年11月30日

<伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい>
<伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい>

 温暖な気候のため、冬から春にかけてもたくさんの花が咲き、私たちの心を和ませてくれる花半島「伊豆」。そんな“伊豆旅”をもっと楽しくするすてきな手拭いに出合いました。その名も、<伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい>。※販売価格 1000円(税込み)

 まずは、スタンプマップを手に入れ、手拭いの販売があるスタンプ設置施設で、<伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい>を購入してスタート!あとは自由に伊豆を巡りながら、スタンプを押していきます。押す場所も、順番も自由、同じスタンプを何回押しても、OK。

 伊豆花遍路スタンプの設置は、全部で25カ所。三島市の三嶋大社や、熱海市の来宮神社、伊豆山神社、伊豆市の修禅寺、下田市の白浜神社など名所の他に、伊東市の昭和初期の温泉情緒あふれる東海館や、松崎町の築150年の古民家を改装した食堂・蔵らなどバラエティーに富んでいます。運慶作の国宝仏がある伊豆の国市の願成就院や、境内で発見された「蛇石」をなでると、金運がアップするといわれている東伊豆町の清光院などもお薦めです。

 それぞれのスタンプは、その場所にちなんだ絵柄になっていて、形も色使いもとてもかわいらしく、女性心をくすぐります。「なんでこの形なの?」と疑問に思ったら、気軽に係の人に尋ねてみましょう。地元の人とのふれ合いも、旅の醍醐味(だいごみ)の一つです。

 
 
 
 来宮神社でスタンプを押した食いしん坊のイズハピスタッフMは、境内にあるオープンカフェ「茶寮 報鼓(さりょうほうこ)」で、ちょっとひと休み。白玉入りの温かい汁粉で、心も体もほっこり。「花より団子」の人も楽しめるのが、うれしいですね。

 JTB中部事業部・営業担当部長の吉田則昭さんは、「伊豆の季節、風景、おいしいものなどを楽しみながら、巡ってほしい。スタンプをきっかけに伊豆の人との交流が生まれ、旅の良い思い出になれば」と話す。※エースJTB「首都圏発・伊豆花さんぽ」プラン利用の先着1500人限定で、<伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい>をプレゼント

 最近のご朱印ブームの影響か、伊豆でも若い女性たちのグループ「ご朱印ガール」をよく見かけるようになりました。ご朱印よりも気軽に集められ、世界で一つだけ!自分だけのオリジナル手拭いができる「伊豆花遍路スタンプ」。あなたも伊豆の旅を楽しみながら、集めてみませんか?(M)

 
◆スタンプ設置期間:2015年11月1日(日)~2016年3月31日(木)

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画