築160年の古民家でいただくパティシエ自慢の作りたて本格デザート♪<菓菜屋>【松崎町】

2015年09月15日

古民家でいただくパティシエ自慢の作りたて本格デザート♪
古民家でいただくパティシエ自慢の作りたて本格デザート♪

 松崎町・那賀川桜並木沿いのメーン道路より、少し入ったところに 2014年5月にオープンした菓菜屋(かなや)。築160年の古民家を改装したという同店は、「居心地の良い古民家カフェ」としてオープン直後から、地元客、観光客に共に口コミで大評判。実はこのカフェ、同町にある樹果香味菓子・フランボワーズの先代オーナーである土屋淳介さんと妻・純子さんが経営している。

 人気のメニューは、35年以上のキャリアを持つベテランケーキ職人の淳介さんが、材料にこだわり、注文を受けてから一つ一つ手作りする「菓菜屋のデザート」。中でも一番のお薦めはプラムやイチゴ、イチジクなど旬のフルーツを使用した季節のタルト。

 「タルトは、本来、家庭料理なので、出来立てをすぐ食べるのが一番おいしい。ソースも一から作るので、提供するのに時間はかかるが、できたてのスイーツをゆったり楽しんでほしい」と淳介さん。クルミケーキ、フロランタン、クッキーなど焼き菓子の他に、こだわりの天然酵母パンも販売している。

 常連客のファンが多いという食事メニューは、純子さんの担当で、生地から手作りのピザパイ、季節の野菜たっぷりの「菓菜屋のカレー」など。1日2食限定の「菓菜屋のごはん」は、6~7種類の野菜がゴロゴロ入ったスープの他、無農薬の自家製野菜を中心に体に優しい献立が並ぶ。

 江戸末期からあるという建物は、土屋さん夫妻で4代目。アンティーク家具や、古道具に年配の客は、懐かしさを覚え、若者たちには囲炉裏や火鉢で暖をとるというスタイルが、新鮮な感動を生むという。

 聞こえるのは、鳥のさえずりと、虫の声。田舎の親戚の家に遊びにきたような居心地の良さに、訪れる人の平均滞在時間はなんと2時間。庭を散策したり、読書をしたり、こたつで居眠りしたりと、楽しみ方は、人それぞれ。観光客と地元民とのふれ合いもまた楽しい。

 「カフェをオープンして、いろいろな人がこの古民家に集まるようになり、家もどんどん元気になり、生き生きしてきた。お客さんを迎えるための雑巾がけも、家が喜んでいるのがわかって張り合いがある。ここにきたら、とにかくゆったりのんびり過ごしてほしい」と純子さん。

 松崎の隠れ家カフェ・菓菜屋。時間を忘れ、穏やかに過ごすひとときが何よりのごちそう。(M)

◆店名:菓菜屋

◆住所:松崎町那賀243

◆TEL:0558−42−1443

◆営業時間:午前10時~午後5時半

◆定休日:火・水・木

◆駐車場:あり

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画