両思いの滝とも呼ばれた伊豆天城の大滝 <万城の滝・別名/裏見の滝>【伊豆市】

2014年09月22日

万城の滝
万城の滝

 およそ2万4000年前に、伊豆東部火山群の活動の一環として地蔵堂火山が誕生し、伊豆最高峰の天城連山(1406メートル)から流れ出た伏流水を集め、高さ20メートル幅6メートルの瀑布となって落ちる<万城の滝>。伊豆の中央に位置する伊豆市(旧中伊豆町)地蔵堂川の上流にあり、木々の緑に囲まれた玄武岩・柱状節理の岩肌の迫力と、力強く落ちる滝の音だけが静かに響き渡る。

 水しぶきを浴びるほど近くで見ることができ、以前は滝の裏側からも見ることができたため<裏見の滝><両思いの滝>とも呼ばれていた。※現在では、2010年の自然崩落により裏側への立ち入りは禁止されている。

 「赤牛の伝説」や「雨乞い地蔵の伝説」もこの地に残り、滝の周辺には、寄生木(ヤドリ木)や珍しいシダ類が生育している。近くには万城渓流やワサビ田などがあり、万城の滝キャンプ場には、芝生広場、森の広場、水辺の公園、土産物屋、夏季にはイワナつかみ捕り体験や万城の滝まつりが開催され、オールシーズン楽しめる人気のスポット。(T)

◆静岡県伊豆市地蔵堂776−1

◆入場料/無料

◆駐車場/無料

◆問い合わせ/0558−83−2654(万城の滝キャンプ場)

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画