恋する二人でめぐりたい♪<修善寺・恋の橋めぐり>【伊豆市】

2014年08月28日

紅葉と赤い橋が織りなす美しいコントラスト
紅葉と赤い橋が織りなす美しいコントラスト

 「修禅寺物語」で知られる源頼家と、かつらが愛を育んだと伝えられる修善寺。修善寺温泉場にある修禅寺前を流れる桂川にかかる5つの橋は、縁結びの橋として、恋愛中のカップルや、恋活(こいかつ)中の若者などに人気。

 みそめ橋と言われる「渡月橋」、あこがれ橋の「虎渓橋」、むすばれ橋の「桂橋」、寄り添い橋の「楓橋」、最後はやすらぎ橋の「滝下橋」の5つに願いを込めながら渡ると恋が成就すると言われている。片思いの人は、相手に思いが通じ、交際中の二人は固く結ばれるそう。

 竹林の小径など愛でながら、5つの橋をめぐった後は、今から約1200年前の平安時代に弘法大師空海が開基した寺・修禅寺を訪れたい。毎月21日には境内で地元の特産品などが並ぶ弘法市が開かれ、紅葉シーズンは、多くの参拝客でにぎわう。

 近くの日枝神社には、同じ根元から2本、寄り添って立っている樹齢800年の「子宝の杉」があり、二本の杉の間を通ると子宝に恵まれるという言い伝えがある。

 レトロな街・修善寺を着物や浴衣姿でそぞろ歩く姿は、風景に溶け込み、美しい1枚の絵となる。レンタル着物(浴衣)専門店を気軽に利用し、楽しんでほしい。(M)

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画