心を込めて、手間ひまかけて・・・地元のみなさんに愛されるジェラートを♪<クリーム・ド・クオーレ>【三島市】

2014年06月24日

季節限定のジェラート「ぶるーべりー」
季節限定のジェラート「ぶるーべりー」

 JR三島駅南口徒歩4分、2010年4月にオープンした「ジェラート&プリン クリーム・ド・クオーレ」。

 訪れた女子高生があまりの盛りの良さに「神(盛り)」と称賛したジェラートは、定番9種、季節限定4種の13種。中でも、季節限定の「ぶるーべりー」は、箱根西麓の三島市川原ケ谷で収穫、市場には出回らない天然ブルーベリーをそのままピューレにして練りこんでいるため、実そのものの甘さと、ヨーグルトの酸味とのバランスが絶妙な一品。

 三島ブランド認定品は、他に「いちご」「おさつ」「かぼちゃ」など。「いちご」は、完熟の三島産・紅ほっぺを使用し、イチゴのつぶつぶ食感そのままに、甘さ控えめとなっている。

 ジェラートの一番人気は、定番の「ゆき」。地元の丹那牛乳と、生クリームだけで作ったシンプルなジェラート。その名の通り、真っ白で、口の中でふわっと溶けるやさしさが好評だという。

 スタッフ・加賀さんの一押しは「ニューサマーオレンジ」。「ニューサマーオレンジの皮を1個1個、丁寧に手でむいているので、一番手間のかかるジェラート。乳製品を一切使っていないので、果実本来のさわやかな酸味を楽しんでほしい」と話す。「くりーむぷりんは、まさに"ふわっ""トロ~"。カラメルソースが別添なので、まず一口目は、かけずに、あとは、お好みで。ココアパウダーをかけるのも、おすすめ」。加賀さんいわく、ココアパウダーをかけると大人の味に大変身するそう。

 就労支援事業所・ワークショップまごころが経営する同店のコンセプトは「地元に愛される店」。地元の材料を使い、徹底した衛生管理の元、安心・安全なスイーツを提供している。喫茶スペースのテーブルに置かれた落書き帳も、貴重な財産。年に1回、必ず訪れるという留学生のコメントや、初デートで三島を訪れたカップルの言葉などさまざまなエピソードがつづられている。さしづめ、アナログ版ツイッターといった存在。

 三島散策の折り、ホッと一息つきに、立ち寄ってみてはいかが?(M)

◆店名/ジェラート&プリン クリーム・ド・クオーレ

◆住所/三島市一番町7−19 高野ビル101

◆TEL/055−976−9000

◆営業時間/午前11時~午後6時

◆定休日/日曜日・祝日

◆問い合わせ/ワークショップまごころ 055−985−2666

※出張販売 三島楽寿園、三島市障がい者就労支援きょうどう隊の店「すてっぷ」、三島市障がい者就労支援きょうどう隊のカフェ「じゃんぷ」、沼津市役所1階「パイン」など

おでかけガイドトップへ 伊東 熱海 伊豆高原 河津 下田 南伊豆 松崎 修善寺 天城 西伊豆 土肥 函南 三島 伊豆の国 東伊豆 沼津 戸田 アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報
イズハピ動画