絶景と縁結びの名所♪ハートの絵馬が大人気<寝姿山自然公園・下田ロープウェイ>【下田市】

2014年02月21日

下田港一望
下田港一望

 伊豆急下田駅前から稲生沢川に沿って見上げると、なだらかな曲線を描く美しい山々が目に入る。「寝姿山」の愛称で市民に親しまれているこの山は、下田市内から見ると、まるで女性が仰向けに寝ているように見えることから名付けられたという。

 最近、エンゼルパワースポットと注目されているという寝姿山自然公園を訪れてみた。40人乗りのロープウェイに乗り、下田の街並みや、下田港の景色を楽しみつつ、山頂まで片道3分半の旅。

 寝姿山山頂駅に降りると、さっそく記念写真コーナーへ。“キンメダイ”のかわいいウチワを持ち、係員の「はい!キンメダイ!」の合図でパシャリ。名刺サイズのカードにして、プレゼントされるといううれしいサプライズに観光客もにっこり。

 山頂花公園は、遊歩道が整備され、展望台や休憩所もあり、1周約1時間程度と、のんびり散策が楽しめる。1月の寒桜、菜の花から始まり、花桃、桜、ニオイバンマツリ、寝姿ブルー(アジサイ)、12月のアロエ、ロウバイまで年間を通して花を楽しむことができるのも大きな魅力。

 圧巻は、10月下旬から12月中旬に咲くリトルエンジェル。咲きはじめから2週間かけて色が変化するところから「サンショクノボタン」と呼ばれている。約800株のリトルエンジェルがあり、花のピーク時期の11月には多くの観光客が訪れる。

 黒船展望台で、雄大な海、伊豆七島の景色を堪能してから、縁結び愛染堂へ向かう。こちらは、奈良県法隆寺の夢殿を3分の2のスケールで再現したもの。恋愛、結婚、子宝にまつわるエンゼルパワースポットとして注目されていることから、カップルや女性グループが目立つ。かわいいハートの絵馬や、縁結びのお守りが人気。

 やすらぎ地蔵の横にあるのが、昨年10月にオープンした“和み玉(なごみだま)投げ”。和み玉が輪を通ると、和が成就し、さらにその先の石にあたると、和がさらに深まるという。夫婦、恋人、友人との益々の縁を願って投げるもよし、またはまだ見ぬ人との縁を願いながら、投げるのもいい。

 また、約50年前、大きな岩を割って誕生した「石割り楠」も、強い生命力をもつパワースポットとして受験生が多く訪れる。木の周りを1周することで、木から活力をもらえるという。

 パワースポットめぐりを楽しんだ後は、売店、食堂へ。伊豆みやげや、しおかつおうどん、トコロテンなどの伊豆グルメも充実。

 のんびり下田を楽しみたい人も、時間があまりない人にもお勧めの場所。(M)

◆施設名:寝姿山自然公園・下田ロープウェイ

◆住所:下田市東本郷1−3−2(伊豆急下田駅前)

◆営業時間:午前9時~午後5時

◆ロープウェイ料金(往復):大人(中学生以上)1030円、小学生510円 ※大人1人につき、幼児(6歳未満)は1人無料。

◆駐車場有り(無料)

◆問い合わせ:下田ロープウェイ 0558−22−1211

 ※下田出身の日本初の商業写真家・下岡蓮杖の遺品や、江戸から明治初期の貴重なカメラなどが展示されている蓮杖記念館は、土曜、休日のみ開館。

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画