日本でここだけ!アマゾンマナティーとニシレッサーパンダを見に行こう♪<熱川バナナワニ園>【東伊豆町】

2013年12月09日

国道135号線・海側に位置する本園<ワニ園>に、まずは行ってみましょう。
国道135号線・海側に位置する本園<ワニ園>に、まずは行ってみましょう。

 昭和33年9月、東伊豆町<熱川温泉>にOPENし、56年目を迎えた熱川バナナワニ園。

ユニークな園名の由来は、熱川の温泉熱を利用した動植物園を目指し、植物として代表的な当時まだ高価だったバナナと、全国的にも珍しかったワニの飼育をはじめたからでした。

 世界で4頭だけ飼育・展示、日本では唯一、熱川バナナワニ園でしか見ることができないアマゾンマナティーは来園して44年、2013年春には50歳を迎えました。

 日本で多く飼育されているレッサーパンダの多くは、中国系のシセンレッサーパンダで、ネパール系のニシレッサーパンダが飼育されているのも日本で唯一、熱川バナナワニ園だけです。ニシレッサーパンダのほうが、かわいらしい顔をしているとか♪

 他にも、絶滅の危機に瀕している貴重な世界のワニを17種類、約120頭飼育しています。

 ワニとバナナだけじゃない、貴重な動物たちとハイビスカスやカトレアなどの熱帯植物園、フルーツパーラーも併設する、手入れの行き届いた、のどかなレジャースポットです。

 まずは園内をレポ(写真特集)で、アマゾンマナティーの顔アップがかわいい【イズハピ動画】は、下記からチェックしてみてください♪(T)

◆熱川バナナワニ園<文部科学省指定博物館相当施設>

◆住所/静岡県東伊豆町奈良本1253−10

◆電話番号/0557−23−1105

◆営業時間/8:30~17:00

◆入園料/大人・高校生1500円・幼、小、中学生750円(本園・分園・植物園共通)

◆駐車場無料

◆年中無休

おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画