ハピレポアーカイブトップへ イズハピトップへ

季節の味を自分の手で掘ってみよう!

伊豆高原たけのこ村【伊東市】

Tel.080-2617-0991 

シーズン中には毎年多くのたけのこハンターが訪れる「伊豆高原たけのこ村」。たけのこ狩りの醍醐味・「探す」「掘る」「食べる」楽しみを満喫しなきゃもったいない!ということで、村を運営しているNPO法人・森のボランティア一のたけのこ掘り名人を直撃。名人直伝、初心者さんも安心の探し方・掘り方をご紹介します。春の味覚を自分の手でゲットして、みんなでおいしくいただいちゃいましょう♪

季節の味を自分の手で掘ってみよう!

たけのこ村に到着!

NPO法人・森のボランティアが運営する「伊豆高原たけのこ村」は、伊東市富戸・国道135号線沿いにあります。大きな看板と、白地に茶色の文字が目立つのぼりが目印。

料金とルールを確認

料金は大人(中学生以上)1,000円、子ども(小学生)500円で、それぞれ2kg、1kgずつ持ち帰りが可能。クワやスコップ・長靴は無料で貸し出してもらえるので、手ぶらでOKです!

良いたけのこをゲットするために

3つのポイントをチェックしましょう。1:あまり伸びていないたけのこの方が、エグミが少なく柔らかいです。2:とさかが大きいものは、太くて立派なたけのこ。3:黄色いとさかのたけのこはメス竹で、柔らかで味があると言われているそう。とはいえ、緑色でも十分おいしいですよ。

たけのこの上手な掘り方

たけのこが生えている付け根はナナメになっているので、伸びてきている方向を確認して、根元の部分の土を掘っていきます。方向を間違えると、途中で欠けてしまうので要注意。白い皮が見えてきたら、あと少しだけ掘ってからしっかりクワを打ち込んで柄を起こすと、きれいに掘り起こせます。

いざ、たけのこ狩りへ!

たけのこ村の敷地は2万坪!時期によって掘る場所も変わってくるので、最初に現在の生育状況やオススメの捜索ポイントを教えてもらいましょう。たけのこ狩りに訪れたご家族と一緒に探してみると、入口付近でさっそくターゲット第1号が見つかりました。

よいしょ、よいしょ

まずはお父さんが挑戦。掘り方の基本を忠実に守り、反り具合などを見て根から生えている方向を見極め、クワでザクザクと根元側の土を掘っていきます。たけのこの皮は厚いので、少しくらいなら傷つけても大丈夫なのだとか。

メキメキ、ポキッ!

熟練者でない限り、一振りでクワをきれいに打ち込むのは至難の業。現れた白い根元にクワの先端を当て、何度か足で蹴って、全体に深く差し込んでいきましょう。そして、てこの原理で刃先を上げるようにして柄を起こしていくと…小気味良い音を立てて、根が切れたたけのこが姿を現します。

掘ったど~!

思わず周囲から歓声が上がるほど立派なたけのこを見事収穫したお父さん、ピカピカの笑顔に!明るく整備された竹林の中で、宝探しをする子どものようなワクワク・ドキドキを味わえるのも、たけのこ狩りの魅力です。

家族みんなでたけのこゲット!

今度はお母さんと娘さんがチャレンジ。娘さんは生え方を見て、掘る方向を毎回正確に言い当てていました。コツさえ掴めば、誰でも名人になれるんです。自分の手で掘り出したたけのこは、なんだか可愛く思えてきちゃいますね。

一本見たらもう一本

竹は根っこにも節があり、それぞれの節からたけのこが生えてくるんです。一本見つけたら、その近くにもたけのこがある可能性が高いので、ぜひ念入りに探してみてください!とさかの色と尖った形を覚えておくと、地面をじっと眺めるだけで見つけられるようになります。

ひび割れもたけのこのサイン

土にひびが入っているのを見かけたら、地面の中でたけのこが育っているサインです。地中にあるたけのこは、根元まで柔らかくておいしいんですよ~。また、目だけでなく足で探すのも重要なポイント。足の裏にコツンと固い感触があったら、それはたけのこの頭かも!

理想的な「とさか」

探索を続けるうちに、大物を予感させる立派なとさかを発見。一方向から見て終わりにせず、何度か振り向いて探すと視角が変わり、草の葉で隠れて見えなかったたけのこも見えてきます。こんな偶然の出会いと、掘り起こす瞬間の「メキメキメキッ、ポキン!」という手ごたえ、やみつきになりそう…。

たけのこ掘り名人の雄姿

たけのこ狩りなら森ボラ一!との呼び声が高い平井さんに、丁寧にご指導いただきました。「私も好きでやっているので、やっぱり大きいのを掘るとうれしいんですよ」とのこと。森ボラメンバーは皆さん気さくな方ばかりなので、気軽に話しかけてみてくださいね。

収穫後の食卓は…

たけのこ村には試食のサービスもありますが、持って帰ったたけのこをどう料理するか、想像しただけでわくわくしますね。定番の煮物やたけのこごはんの他、ステーキや佃煮、刺身、メンマなどにしてもおいしいですよ♪

取材者より

今回ご一緒したご家族のほかにも、たくさんのご夫婦やご家族が訪れ、皆さんとても楽しそうに掘っていました。
私も挑戦してみたのですが、少し慣れれば目でも足の裏でもたくさんのたけのこを見つけることができます。
掘り出しでは気合いを入れすぎたのか、勢い余って尻もちをついてしまいましたが(トホホ)
自分で収穫したたけのこを持った瞬間、喜びと達成感でいっぱいになりました。
根元まで土を掘るのがちょっぴりハードですが、女性や子どもさんの力でも無理なく掘り出せる印象です。

今年は全体的にたけのこの生育がゆっくりで、5/7まで十二分に楽しめそうとのこと。
ひとりでがっつり・ふたりでのんびり・みんなでワイワイ…旬の味を探してみませんか?
 
名称
伊豆高原たけのこ村
フリガナ
イズコウゲンタケノコムラ
住所
静岡県伊東市富戸「たけのこ村」
電話番号
080-2617-0991
営業時間
9:00~16:00
入園料
大人1000円 子供500円 入園料にはお持ち帰りの筍大人2キロ、子供1キロを含みます。
備考
雨天時は休業します。長靴・くわ・スコップ無料貸し出ししています。
問合せ先
NPO法人 森のボランティア
おでかけガイドトップへ アクセスガイド・クルマ編へ アクセスガイド・電車編 伊豆の天気予報 東伊豆ガイド 南伊豆ガイド 西伊豆ガイド 北伊豆ガイド 中伊豆ガイド
イズハピ動画