リオ・パラ車いすラグビー銅メダル 若山選手が講演―伊東商高

伊東版 2019年06月08日

競技用の車椅子の説明をする若山選手=伊東商業高
競技用の車椅子の説明をする若山選手=伊東商業高
アームレスリングで接戦を繰り広げる生徒=伊東商業高
アームレスリングで接戦を繰り広げる生徒=伊東商業高

 ■「目標へ恐れず一歩を」

 伊東商業高(川口喜弘校長、生徒357人)は7日、学校祭「碧陵祭」の校内発表で、リオデジャネイロ・パラリンピック、車いすラグビーの銅メダリスト、若山英史選手(沼津市出身)の講演会を開いた。生徒はメダリストからのアドバイスを熱心に聴き、講演後は、銅メダルに触れ、記念写真を撮るなどした。

 若山選手は車いすラグビーのルールや競技用車椅子の説明をしたり、選手村などの裏話も語ったりした。銅メダルを振ると音が鳴り、盲目の人が参加するパラリンピックのメダルは、色によって音が違うことも話した。

 若山選手は「目標は立てるだけでなく、失敗を恐れずに、すぐに一歩を踏み出す」「周りの人に支えられている。感謝を忘れない」などの言葉を贈った。

 行方詠二君(3年)は「障害に負けない前向きな姿勢に感動した。逆境でも諦めないようにしたい」と語った。

 同校はオリンピック・パラリンピック推進校で、その一環として講演を依頼した。若山選手は県内12人のリオ・パラリンピック出場選手からなる「障害者スポーツ応援隊」の一人。今年は同隊員による講演を17回予定している。

 ■アームレスリング白熱 伊東商「碧陵祭」きょう一般公開

 学校祭「碧陵祭」の初日、校内発表で生徒は有志のダンスや歌の発表を楽しんだ。

 恒例の「アームレスリング大会」では、クラスの代表に大きな声援が送られた。新企画「未成年の主張」では、好きな子の名前を叫んで告白する生徒や、「今年こそ結婚する」と誓う教諭もいて、盛り上がった。

 一般公開は8日午前10時~午後2時。模擬店の出店や吹奏楽部の演奏などを行う。

 【写説】競技用の車椅子の説明をする若山選手=伊東商業高

 【写説】アームレスリングで接戦を繰り広げる生徒=伊東商業高

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集