高齢者事故防止に力 安協伊東支部総会、優良11分会を表彰

伊東版 2019年06月08日

井出清市署長(右)から表彰を受ける分会長=竹の内のダンコーエン・ボウル
井出清市署長(右)から表彰を受ける分会長=竹の内のダンコーエン・ボウル

 交通安全協会伊東地区支部(初鹿野勲支部長)は5日、伊東市竹の内のダンコーエン・ボウルで通常総会を開いた。会員約40人が出席し、死亡事故ゼロ700日を目標に、本年度は高齢者の交通事故防止活動に力を入れた交通安全教室の開催などを決めた。

 初鹿野支部長は、全国で高齢者による死亡事故が多発していることを挙げ「市民の約42%が65歳以上。高齢者の事故率が上がっている。各区長が中心となり、区での啓蒙活動をお願いしたい」と協力を求めた。

 飲酒運転の違反がゼロだった宇佐美、十足、池、赤沢、荻、吉田、松原、新井の8分会、交通事故の起因者が少なかった八幡野、岡、池の3分会を表彰した。また、一部の役員改選を行った。

 新役員は次の通り。

 副支部長 大石勝▽常任理事 増田直一、山本政幸▽理事 北村太一、稲葉明久▽分会長 山下善和(宇佐美)、石井照市(富戸)、高橋義典(池)

 【写説】井出清市署長(右)から表彰を受ける分会長=伊東市竹の内のダンコーエン・ボウル

各地の最新の写真
伊東
台風被害のジャカランダ 「無事に花咲く」―伊東の作庭稲葉園
下田
特養に地域交流カフェ エクレシア南伊豆が定期開設
中伊豆
「鉢窪山」ジオ看板を除幕 登山道入り口に天城湯ケ島LC―伊豆
熱海
防災メルマガに登録を 新潟地震受け呼び掛け―熱海市

最新写真特集