組織強化や若年層啓発に力 伊東市明推協が総会、推進大会も

伊東版 2019年06月07日

市選管事務局職員(手前)の説明を聞く出席者=市役所
市選管事務局職員(手前)の説明を聞く出席者=市役所

 伊東市明るい選挙推進協議会(武智宣会長)は6日、市役所で総会兼明るい選挙推進大会を開いた。総会で本年度の事業計画案を協議、承認し、終了後の推進大会では「出前授業デモンストレーション~若年層選挙啓発への取り組み~」を市選挙管理委員会事務局職員が説明した。

 本年度の事業計画は前年度同様、研修会開催などによる組織強化と整備のための事業、街頭啓発をはじめとした一般有権者を対象にした事業、若年層啓発事業を実施する。あいさつで先本稔副会長は7月の参院選、9月の市議選での協力を呼び掛けた。

 推進大会は啓発ポスターコンクール、新有権者へのお知らせ送付、選挙出前授業の内容を説明した。小・中・高校を対象にしたポスターコンクールは選挙への興味を高めてもらうのが狙いで、18年度は99点の応募があった。選挙人名簿に初めて登録された新有権者には啓発冊子などを送っているとし、これまでの送付数は延べ3152人。選挙出前授業は高校生に選挙の仕組みや投票参加の意義、投票方法などを紹介し、模擬投票も実施する。

 【写説】市選管事務局職員(手前)の説明を聞く出席者=伊東市役所

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集