つくし保散歩コース危険箇所指摘 大津市園児死傷事故受け伊東署 

伊東版 2019年06月05日

散歩コースの危険箇所を点検する署員と保育士ら=吉田
散歩コースの危険箇所を点検する署員と保育士ら=吉田

 大津市で保育園児の列に車が突っ込み16人が死傷した事故を受け、伊東署などは4日、伊東市吉田のつくし保育園(平沢幸子園長、園児70人)の散歩コースの危険箇所の点検を行った。

 署員と交通安全指導員、市危機対策課職員が、平沢園長や保育士らと一緒に丸塚公園や吉田公園への散歩コースを歩いた。署員が危険箇所を指摘し、「見通しの悪い交差点では、いったん手前でとどまって安全確認を」「駐車場前では、出入りする車に気を付けて」などと注意を呼び掛けた。

 同園は週に2回程度、1~2時間の散歩を行っている。平沢園長は「園庭が狭いので、散歩は欠かせない。これまで通り、交通安全には十分注意する。可能なら、付き添いの人数を増やすことも検討したい」と話した。

 【写説】散歩コースの危険箇所を点検する署員と保育士ら=伊東市吉田

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集