魚の覆面レスラー登場 サバソニフェス盛況―伊東

伊東版 2019年06月03日

「海鮮プロレス」で盛り上がる来場者ら=按針メモリアルパーク
「海鮮プロレス」で盛り上がる来場者ら=按針メモリアルパーク
出店者と気軽に言葉を交わすカルロス大使(中央)=なぎさ観光駐車場
出店者と気軽に言葉を交わすカルロス大使(中央)=なぎさ観光駐車場

 ■「海鮮プロレス」や飲食ブース、体験も

 伊東市のなぎさ公園などを会場に2日、地魚イベント「サバーソニック&アジロックフェスティバル」(実行委員会主催)が開かれた。地魚やフェスをテーマにブースやステージイベントが繰り広げられ、市民や観光客でにぎわった。

 人気ロックフェスの名称を借用したイベント。メイン会場のなぎさ公園には約60店舗のブースが出店した。サババーガーや炭火焼きのサバなど特徴的な飲食ブースが並び、買い求める人で盛況だった。オープニングイベントの干物開きでは、小野達也市長ら参加者5人がアジの開きに挑戦。制限時間内に手早くアジを開き、出来栄えを競った。

 按針メモリアルパークは「サバソニック」「アジロック」など海の生き物をモチーフにした覆面プロレスラーたちが繰り広げる「海鮮プロレス」が人気を集めた。レスラーたちのコミカルなパフォーマンスに会場一丸となって盛り上がった。伊東オレンジビーチ会場では海藻おし葉やシーカヤックなどの体験イベントが催された。

 市内の40代女性は「同年代の人たちが伊東を盛り上げるために立ち上がったイベントと聞いて、行きたいと思っていた。地元発信のイベントで応援したい気持ちもあり、お昼も会場でサバカレーや焼きそばを食べた。とてもおいしくて子どもも喜んでいた」と笑顔だった。

 ■「地魚に着目、素晴らしい」 キューバ・カルロス大使が見学

 駐日キューバ大使のカルロス・M・ペレイラさんが2日、伊東市を訪れ、開催中のイベントや観光施設などを視察した。

 キューバ大使館と関わりの深い市内の事業者の案内で、初めて訪れた。なぎさ公園で開催された地魚イベントを見学し、温泉施設や健康増進施設などを視察した。

 地魚イベント「サバーソニック&アジロックフェスティバル」会場では、サバの開き体験に挑戦する親子を興味深く見守り、飲食ブースの出店者と気軽に言葉を交わした。カルロス大使は「伊東の名産の地魚に着目したコンセプトが素晴らしい。子どもが楽しめるイベントがたくさん用意されているところもいい」と絶賛した。

 キューバはこれまでに、県内のいくつもの都市と積極的に交流しているという。カルロス大使は「今回の来訪を機に、伊東との関係が深まることを願っている」と話した。

 【写説】「海鮮プロレス」で盛り上がる来場者ら=伊東市の按針メモリアルパーク

 【写説】出店者と気軽に言葉を交わすカルロス大使(中央)=伊東市のなぎさ観光駐車場

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集