緊急情報を放送・配信 伊東市とIKC協定結ぶ

伊東版 2019年05月23日

協定書を持ち握手する小野市長(左)とIKCの比企社長=市役所
協定書を持ち握手する小野市長(左)とIKCの比企社長=市役所

 伊東市は22日、市役所で伊豆急ケーブルネットワーク(IKC、本社・熱海市上宿町、比企恒裕社長)と「災害緊急情報の放送・配信に関する協定」を締結した。同社が提供するテレビ・プッシュサービス「つくしらチャン」を使い、防災などの緊急情報を市民に届けるのが狙い。市は同報無線の難聴地域や高齢者など100世帯の利用を見込み、本年度一般会計予算に100万円を計上している。

 つくしらチャンは家庭のテレビと専用機器「IRボックス」を接続して緊急情報をインターネットから受信し、テレビの主電源が入っていれば自動で起動し、チャンネルも自動で切り替えて緊急地震速報、気象警報、津波や避難情報などをテレビ画面に表示する。対象エリアは市内と東伊豆町全域、ケーブルテレビと契約していなくても利用可能。

 専用機器(約1万5千円)が必要だが、購入費用のうち市が1万円、IKCが5千円を補助し、取り付け工事費1万円もスタートキャンペーン割引で実質0円のため、初期費用はかからない。月額利用料はIKCのサービス利用者が650円、利用していない人が800円。本年度に加入した人に限り、加入翌月から2年間は月額150円引きとなる。

 調印式であいさつした小野達也市長は「テレビはどこの家庭にもあり、緊急情報が画面に表示されることで災害対策に役立つ」、比企社長は「ゲリラ豪雨など災害時の情報をいかに届けるかを考えて開発された。高齢者らが安心して住むことができるよう役立てばうれしい」と話した。

 【写説】協定書を持ち握手する小野市長(左)とIKCの比企社長=伊東市役所

各地の最新の写真
伊東
城ケ崎海岸エリア マルシェで盛り上げ―伊東
下田
無人売店「100円農村」人気 「あじさい祭」で下田市観光協会
中伊豆
「両手で掘ってね」 園児招きジャガイモ収穫―田方農業高
熱海
来宮神社例大祭責任当番町の咲見町祭典委、市長に支援要請―熱海 

最新写真特集