消火の難しさ、煙の怖さ体験 伊東・西小4年生が消防署見学

伊東版 2019年05月16日

中村消防士長から消防車の説明を聞く児童=桜木町の伊東消防署
中村消防士長から消防車の説明を聞く児童=桜木町の伊東消防署

 伊東市立西小(小形丈晴校長)の4年生44人が15日、社会科見学で桜木町の伊東消防署を訪れ、地域の安全を守る消防士の仕事を学習した。

 児童たちは2つのグループに分かれ、消火器を使った消火訓練や煙体験、消防車の見学などを行った。映像を使った消火シミュレーションでは、各グループから5人が挑戦したが、どちらも1人しか火を消すことができず、消火器で消火する難しさを体験した。

 消防車には興味津々で、各車両の説明をした中村淑雄消防士長へ質問が次々に挙がり、答えを熱心にノートに書き留めた。

 煙体験をした下田楓さんは煙の怖さを知ったといい「人を助ける気持ちがないとできない。大変な仕事だと感じた」と安全を守る消防士に感謝した。

 【写説】中村消防士長から消防車の説明を聞く児童=伊東市桜木町の伊東消防署

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集