放送合図に一斉避難 南小で不審者対応防犯訓練―伊東

伊東版 2019年05月14日

 伊東市立南小(杉本博昭校長)で13日、不審者に対する防犯訓練を行った。全校児童は放送を合図に教員に先導され、一斉に体育館へ避難した。

 今回は、校内に不審者が侵入したという想定。教員3人が刺股を持って不審者の対応に向かい、同時に校内放送で避難を呼び掛けた。放送から10分後には全員が体育館に集合し、各担任の点呼が完了した。

 杉本校長は「校内だけでなく登下校時にも不審者はいる。その時は自分で判断しなければならない。近くにいる大人に声を掛けるか、パンダのマークのついた110番の家に駆け込むように」と、1年生にも分かるようにパンダのイラストを見せながら話した。

 同校では訓練を年2回行っており、6月に2回目を実施する。

 【写説】教員とともに体育館へ避難する児童=伊東市の南小グラウンド

各地の最新の写真
伊東
伊東祐親まつり開幕 幽玄の世界、薪能観衆魅了―伊東
下田
黒船祭は最高潮 市内一色―下田
中伊豆
長岡で「あやめ座」開幕 芸妓衆、華麗に舞う、多彩な演目
熱海
神輿温泉街練る 熱海など25日、湯かけまつり

最新写真特集