堀口組、令和元年に100周年 社員、家族ら節目祝う―伊東

伊東版 2019年05月13日

100周年記念式典であいさつする堀口社長=川奈ホテル
100周年記念式典であいさつする堀口社長=川奈ホテル

 ■城ケ崎海岸のつり橋建設など

 伊東市竹の台の土木・造園・設計施工「堀口組」(堀口正敏社長)は12日、創立100周年記念式典を川奈の川奈ホテルで開いた。社員と家族、協力業者、同業者ら70人以上が出席し、令和元年に迎えた節目の年を共に喜んだ。

 堀口社長は100年の歩みを振り返り、同業者と協力業者、社員への感謝の言葉を述べた上で「大正、昭和、平成と激動の時代を乗り越えてきた。次の令和も、社会に信頼され、必要とされる会社であり続けたい」と力強く語った。

 同社は1919年5月、山梨県で堀口社長の祖父延次郎さんが創業した。26年に伊東市に本社を移転。その後、狩野川台風の災害復旧、城ケ崎海岸の門脇つり橋と橋立つり橋建設などの工事を行った。2015年、本社を現住所に移転した。

 【写説】100周年記念式典であいさつする堀口社長=伊東市の川奈ホテル

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集