児童40人、田植えに挑戦 伊東市教委ふるさと教室開講

伊東版 2019年05月12日

晴天の下、田植えに挑戦する子どもたち=池の田んぼ
晴天の下、田植えに挑戦する子どもたち=池の田んぼ

 伊東市教育委員会の本年度「小学生ふるさと教室」が11日、池地区で開講した。市内の小学5、6年生約40人が受講し、初回は晴天の下、池で農業体験の田植えにチャレンジした。

 開講式後、子どもたちは、地元農家の指導を受けながら、水田でコシヒカリの苗植えに励んだ。泥だらけになりながら頑張った小松美麗さん(南小6年)は「去年が楽しかったので今年も参加した。たくさんの自然や動物と触れ合い、いろいろな勉強をしたい。田植えは、泥の感触が気持ち悪かった」などと話した。児童たちは9月に、同じ田んぼで稲刈りを体験する予定。

 教室は来年2月までに計15回開かれる。児童たちは、稲刈り以外に「タライ乗り競走」「キャンプ」「城ケ崎ウオーク」といった体験に挑戦する。「夢チャレンジクラブ」のメンバーになった市内中高生17人が、運営をサポートする。

 【写説】晴天の下、田植えに挑戦する子どもたち=伊東市池の田んぼ

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集