本番へ気持ち一つに 19日に混声合唱団定演会―伊東

伊東版 2019年05月11日

定期演奏会に向けた練習に取り組む団員たち=ひぐらし会館遊戯室
定期演奏会に向けた練習に取り組む団員たち=ひぐらし会館遊戯室

 伊東混声合唱団(鈴木久治団長、団員18人)は19日午後2時から、伊東市桜木町のひぐらし会館で第5回定期演奏会(伊豆新聞本社後援)を開く。団員たちは、本番に向けた仕上げの練習に余念がない。

 演奏会では、4部構成で約20曲を演奏する。「合唱団心の歌」と銘打った1部で「組曲『水のいのち』より『雨』」など5曲を歌い上げる。団員有志が独唱や三重唱、ピアノ連弾などを披露する3部のステージは、初の試み。最後を「サウンド・オブ・ミュージック」「エーデルワイス」などミュージカルナンバーで締めくくる。

 鈴木団長は「気持ちを合わせて美しいハーモニーを生み出すのが、混声合唱の魅力。毎週1回、夢中になって歌っている。演奏会では、練習の成果を精いっぱい発表するので、ぜひ聴きに来てほしい」と話した。入場無料。問い合わせは鈴木団長〈電0557(37)0529〉へ。

 【写説】定期演奏会に向けた練習に取り組む団員たち=伊東市ひぐらし会館遊戯室

各地の最新の写真
伊東
伊東祐親まつり開幕 幽玄の世界、薪能観衆魅了―伊東
下田
黒船祭は最高潮 市内一色―下田
中伊豆
長岡で「あやめ座」開幕 芸妓衆、華麗に舞う、多彩な演目
熱海
神輿温泉街練る 熱海など25日、湯かけまつり

最新写真特集