伊東でアートパーク 宇藤さん主催、芸術家40人が作品展示

伊東版 2019年05月09日

作者三好久子さんとエナメル画の並ぶ広い庭=伊東市富戸の庭園ギャラリー・ましろ館
作者三好久子さんとエナメル画の並ぶ広い庭=伊東市富戸の庭園ギャラリー・ましろ館

 伊東市池のアートプロデューサー宇藤カザンさんが主催する芸術の祭典「伊豆アートパーク」(伊豆新聞本社後援)が市南部地区で始まった。6月10日まで。絵画、陶芸、版画など約40人のアーティストが自宅やカフェ、レストランで作品を展示している。

 富戸の庭園ギャラリーましろ館では、「三好碩也の絵本原画と三好久枝のパステル画展」が開かれている。久枝さんの描いた200号の大作や、碩也さん(故人)の図鑑に載せた、鳥のイラスト原画など約100点が庭や自宅、アトリエに並んでいる。

 庭には、15年前にインド神話をモチーフに描いた大作「アグニ(火の精)、炎の舞」や宇宙を題材に表現した作品計6点が置かれ、来場者を迎えている。

 三好さんは「作品を見ると描いた時のことを思い出す。絵は自分の歴史。多くの人に見てもらいたい。子どもが落書きできるスペースもあるので気軽に来てほしい」と呼び掛けた。

 「伊豆アートパーク」に関する問い合わせは、宇藤さん〈携帯080(6490)0218〉、同展は庭園ギャラリーましろ館〈電0557(51)1169〉へ。

 【写説】作者三好久子さんとエナメル画の並ぶ広い庭=伊東市富戸の庭園ギャラリー・ましろ館

各地の最新の写真
伊東
伊東祐親まつり開幕 幽玄の世界、薪能観衆魅了―伊東
下田
黒船祭は最高潮 市内一色―下田
中伊豆
長岡で「あやめ座」開幕 芸妓衆、華麗に舞う、多彩な演目
熱海
神輿温泉街練る 熱海など25日、湯かけまつり

最新写真特集