「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント

伊東版 2019年04月25日

 ■東海館で200種貸し出し

 浴衣と街歩きを組み合わせた地域活性化イベントを展開する伊東市の「HIKARI to YUKATA(ヒカリとユカタ)にぎわい演出事業実行委員会」(土屋征二委員長)は24日、小野達也市長に本年度の事業計画を説明した。委員たちは浴衣姿で市役所を訪れた。

 実行委は5月1日~9月30日、東松原町の伊東温泉観光・文化施設東海館内に浴衣レンタルスペース「ゆかたび」を開設する。200種の浴衣を取りそろえて、有料で貸し出しや着付けを行う。着付けレッスンや利用者に市内の協力店で利用できるクーポンを発行する「伊東温泉満喫プラン」などを実施する。

 土屋委員長は「街全体で浴衣を着た人を歓迎して、『浴衣の街・伊東』をアピールしていきたい」と述べた。小野市長は「家族で浴衣を楽しめる企画があったら喜ばれるのではないか。市も協力するので、いろいろな取り組みを進めてほしい」と呼び掛けた。

 【写説】「ゆかたび」で浴衣に着替えて市役所に向かう実行委員=伊東市の東海館

各地の最新の写真
伊東
伊東海水浴場運営協 来月、事故防止へ会合―総会で稲葉会長再任
下田
下田高男子バレー東部V 25日から県大会「優勝し全国出場を」
中伊豆
伊豆市議会が報告会 一般会計予算概要を説明
熱海
人形で胸骨圧迫実践 本年度初の救命講習会―熱海市消防本部

最新写真特集