華やか衣装、70人が稚児行列 伊東仏教会「花まつり」

伊東版 2019年04月16日

華やかな装束で市街地を練り歩く子どもたち=東海館
華やかな装束で市街地を練り歩く子どもたち=東海館

 伊東仏教会(会長=安部雅宣・仏光寺住職)は14日、伊東市観光会館別館で釈迦(しゃか)の誕生日(8日)を祝う「第72回花まつり」を開いた。式典に先立ち、1~10歳の子どもたち約70人が、各寺の住職や保護者らと稚児行列を行った。

 行列はボーイスカウト伊東第5団の鼓笛隊の先導で、観光会館別館を発着点に、大川橋、駅前通り、猪戸通り、アーケード街、いでゆ橋などを練った。華やかな衣装をまとった子どもたちは保護者らと共に元気に歩いた。通りがかった市民や観光客が温かい目で見守った。

 市内の親戚と参加したさいたま市の中西海那ちゃん(8)は「疲れたけど楽しかった。衣装がきれい」と話した。

 子どもたちは式典にも参加し、献灯や献花などを務めた。

 【写説】華やかな装束で市街地を練り歩く子どもたち=伊東市の東海館

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集