「給食おいしい」 伊東市内小学校、新入生残さず“完食”

伊東版 2019年04月16日

初めての給食をおいしそうに食べる児童=南小
初めての給食をおいしそうに食べる児童=南小

 伊東市内10小学校のうち8小学校で15日、新1年生の給食が始まった。真新しい給食着姿の児童がおいしそうに給食を口に運んだ。

 南小(杉本博昭校長)では83人の児童が給食着の着方、手洗い、消毒の仕方を教わり、4時間目から準備をスタート。各クラス5人が給食当番となり、担任と支援員に助けられながら、一人ずつ均等になるように盛りつけた。おかわりする児童が多く、きれいに完食した。

 飯塚愛菜さんは前日から献立を見てワクワクしていたといい「パイナップルが楽しみだった。ご飯も3杯食べたし、おいしかった」と話した。

 栄養教諭の南静渚さんは「明日からはハンバーグ、カレーなど、新入生が好きそうなメニューを用意している。初日に残さず食べたのには驚いた」と目を丸くした。

 残りの2校も17日までに新1年生の給食が始まる。

 【写説】初めての給食をおいしそうに食べる児童=伊東市の南小

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集