天然素材で人形、洋服 伊東「日吉」で深沢さん、鈴木さん

伊東版 2019年04月15日

「シード・ドールズ」を紹介する鈴木さん(手前)と深沢さん=玖須美元和田の「日吉」
「シード・ドールズ」を紹介する鈴木さん(手前)と深沢さん=玖須美元和田の「日吉」

 伊東市玖須美元和田の貸しスペース「日吉」(小野田和代さん運営)で13日、天然素材の糸や布で作った人形や洋服、小物を紹介する「幸せの種蒔(ま)き」展が始まった。静岡市清水区で染織工房を主宰する深沢美保さんと沼津市の手芸作家鈴木淳子さんの作品が並ぶ。14日まで。

 草木染めの布や羊毛、裂き織りの布などで作られた高さ10センチほどの人形「シード・ドールズ」は2人の協働作品。鈴木さんは「温かな風合いとそれぞれ違う顔をしていてるところが魅力。手にした人のもとで幸せの種を蒔いてほしいと願って名付けた」と話した。このほか、菜の花やツバキ、桜などで染めたストールや、草木染めの布を使った洋服も並んだ。

 父親が他界した後に空き家となっていた実家を貸しスペースに改装した小野田さんは「今日が父の命日。にぎやかなことが好きだったので、喜んでくれていると思う。古い民家に、自然素材を使った作品がよく合っていると思う」とうれしそうに語った。

 14日の開催時間は午前10時~午後4時。問い合わせは日吉〈電0557(37)9639〉へ。

 【写説】「シード・ドールズ」を紹介する鈴木さん(手前)と深沢さん=伊東市玖須美元和田の「日吉」

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集