派遣高校生に力石さん(伊東1年) 8月、英国メドウェイ市へ

伊東版 2019年04月13日

 ■国際交流協

 伊東国際交流協会(水口進吾会長)は、伊東市の友好都市・英国メドウェイ市に今夏派遣する高校生を決めた。伊東高1年の力石優和(ゆな)さん(15)=荻=で、派遣期間は8月13~28日。力石さんは現地でホームステイしながら、英国の歴史、文化などに触れ、現地の高校生とも交流する。神奈川県横須賀市からも高校生1人が派遣されるという。

 「メドウェイ高校生交換プログラム」には4人が応募し、2度の面接で派遣する高校生1人を選んだ。力石さんは今後、7月に事前研修を行い、英国、メドウェイ市の歴史、文化などを学ぶ予定。

 伊東市とメドウェイ市は英国人ウィリアム・アダムス(日本名・三浦按針)が縁で交流がスタートした。1982年8月に伊東市とジリンガム市(当時)が友好都市提携を結び、合併でメドウェイ市となったことから、99年4月に改めて提携をした。伊東市からの高校生の派遣は90年から始まり、メドウェイ市からも伊東市への派遣が行われている。

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集