多彩な420作品 市役所で1000人アートPJ展示会―伊東

伊東版 2019年04月09日

階段に並んだ30センチ四方の多彩な作品=市役所
階段に並んだ30センチ四方の多彩な作品=市役所

 伊豆の自然保護をテーマに芸術作品を公募・展示する活動に励む1000人伊豆アートプロジェクト実行委員会(鈴木俊行委員長)の展示会「アートで守る森と海」(伊豆新聞本社など後援)が8日、市役所1階ロビーで始まった。30センチ四方の枠内に表現した多彩な作品約420点が並び、来庁者の注目を浴びている。19日まで。

 アートを通じ自然を守る大切さを広く訴えようと企画した。西口玄関からロビーに続く階段をはじめ、大室山をイメージした高さ約3メートルの木製オブジェ、パネルなどに並べた。個人やグループが海、山、川、動物などをモチーフにした絵画、写真、書、造形などに、メッセージを添えた力作を展示している。小野達也市長も会期中に出展する予定。時間は午前8時半~午後5時。

 14日午前10時~午後4時、作品を手掛けるワークショップが開催される。予約不要で参加無料。実行委は「展示や創作を通じ、伊豆の自然の貴重さ、素晴らしさを再認識してもらいたい」と話している。

 【写説】階段に並んだ30センチ四方の多彩な作品=伊東市役所

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集