メガソーラー事業者に抗議文 伊東・八幡野漁師会

伊東版 2019年03月23日

抗議文を読み上げる鈴木会長(中央)=八幡野コミセン
抗議文を読み上げる鈴木会長(中央)=八幡野コミセン

 ■「浚渫、地域貢献ではない」

 伊東市八幡野の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)建設に関し、いとう漁協所属の八幡野漁師会(鈴木崇浩会長)は22日、八幡野コミュニティセンターで会見し、事業者が県熱海土木事務所に申請し、許可が下りた計画地に近い砂防ダムの土砂を取り除く浚渫(しゅんせつ)作業について、事業者に抗議文を送ったことを報告した。

 同会や八幡野区などによると、事業者が昨秋、計画地域付近の八幡野川にある砂防ダムの浚渫作業申請を行い、3月7日に同事務所が許可した。しかし、事業者の示した工期(3月7~20日)内に、工事は行われなかったという。

 鈴木会長は「(信頼できない)事業者による浚渫は、地域貢献とは全く考えない」などと抗議文を読み上げ、これまで通り、建設工事への反対を訴えた。

 【写説】抗議文を読み上げる鈴木会長(中央)=伊東市八幡野コミセン

各地の最新の写真
伊東
テラス・カフェ・一碧湖 あすグランドオープン―伊東
下田
「スポーツ振興を」 第1回推進会議に7人―下田市教委
中伊豆
天城山縦走路で救助訓練 駿東伊豆消防大仁署など
熱海
ツツジ鮮やか、咲き始め 熱海・姫の沢公園

最新写真特集