杢太郎詩集「食後の唄」出版100年 伊東で特別展

伊東版 2019年03月13日

「食後の唄」の初版本などが並ぶ館内=伊東市の木下杢太郎記念館
「食後の唄」の初版本などが並ぶ館内=伊東市の木下杢太郎記念館

 ■制作支えた斎藤茂吉

 伊東市湯川の市立木下杢太郎記念館で12日、杢太郎の詩集「食後の唄」出版100年を記念した特別展「杢太郎唯一の単独詩集『食後の唄』百年」が始まった。同館で初公開となる詩集制作を支えた歌人斎藤茂吉の手紙や初版本など36点が並ぶ。5月12日まで。

 詩集は1909~12年の詩を中心に、91編を収録している。出版された19年、杢太郎は満州に赴任中で日本にいた茂吉と手紙をやり取りして詩集を完成させたという。展示室内には詩集完成までの経緯や出版後にどのように評価されたかなどの関連資料を展示している。歌曲に使われた作品の楽譜や歌曲集などもある。

 展示を企画した社会教育指導員の丸井重孝さんは「今なお高く評価されている詩集。ぜひ、見に来てほしい」とにこやかに話した。

 月曜日休館。時間は午前9時~午後4時半(3月は午後4時まで)。問い合わせは同館〈電0557(36)7454〉へ。

 【写説】「食後の唄」の初版本などが並ぶ館内=伊東市の木下杢太郎記念館

各地の最新の写真
伊東
遺体収容所指定など協議 観光会館別館か体育C―伊東市防災会議 
下田
水彩画中心に風景、静物34点 下田で光友会展
中伊豆
県内外24校、強化図る 高校男子ソフトボール―伊豆
熱海
捕獲イノシシ、シカなど190頭供養 熱海ワナの会が鳥獣慰霊祭

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)