理容業に特化 ろう者の日常―伊東の吉岡さん学術図書発刊

伊東版 2019年03月08日

学術図書「ろう理容師たちのライフストーリー」を手にする著者の吉岡さん=市内
学術図書「ろう理容師たちのライフストーリー」を手にする著者の吉岡さん=市内

 ■一橋大大学院特別研究員 コミニュミケーションなど全7章「取り巻く世界知って」 

 伊東市末広町の一橋大大学院言語社会研究科特別研究員で翻訳家の吉岡佳子さん(66)が執筆した学術図書「ろう理容師たちのライフストーリー」(ひつじ書房=東京都文京区)がこのほど発刊された。市内外に住む聴覚障害がある理容師8人へのインタビューなどを載せ、理容業に特化したろう者の日常を紹介している。

  ◇  ◇  ◇ 

 同市松原の理容師で国際観光専門学校熱海校・手話コース非常勤講師井上健さん(74)をはじめ伊豆や岡山県、群馬県などで活躍する40~70代のろう理容師たちが、吉岡さんの取材に応じた。

 吉岡さんは、同研究科博士後期課程修了時の学位論文を基に同書を仕上げた。構想から出版まで6年を費やしたという。「ろう理容師たちを取り巻く世界」「店舗におけるコミュニケーション実践」など全7章・227ページで構成する。

 店舗におけるコミュニケーション実践では、ボードや紙、ペンなどを使った筆談、写真やイラスト、鏡を用いた身ぶりなどを駆使し、客の要望に応える工夫などが記されている。

 表紙絵を手掛けた井上さんは「ろう理容師だけの資料は初めて。本を通じ自分たちの世界を知ってもらえたら」と話す。吉岡さんは「耳が聞こえることを前提とした社会の中で闊達(かったつ)に生きてきた腕の良いろう理容師たちの様子を伝えたい」と話している。最寄りの書店で注文購入できる。価格は4400円(税別)。

 【写説】学術図書「ろう理容師たちのライフストーリー」を手にする著者の吉岡さん=伊東市内

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集