ビエンナーレきょう開幕 伊豆一円の作家44点―伊東

伊東版 2019年03月07日

個性あふれる作品が並ぶ展示室=十足の池田20世紀美術館
個性あふれる作品が並ぶ展示室=十足の池田20世紀美術館

 ■風景、抽象、人物… 初の立体も

 「伊豆ビエンナーレ2019」(伊豆美術家連合主催、伊豆新聞本社など後援)が7~31日、十足の池田20世紀美術館で開かれる。伊豆一円に住む作家が手掛けた個性的な絵画など44点が並ぶ。

 2年に1度、IZUBI(伊豆美術展)を開催しない年に行う美術展で、無審査、無賞、自由出品のアンデパンダン方式を採用。テーマは自由で、展示室内には風景画や抽象画、人物画など個性あふれる絵画を展示している。大きさは30号以上、中には100号の大作も出展されている。今回は同展覧会初の立体作品の出展もあるという。

 武井昭夫実行委員長は「2009年に始まり、今回で6回目の開催。回を重ねるごとに作品の質が上がってきている」とし、「伊豆各地のプロ・アマチュア作家のさまざまなジャンルの作品が並んでいる。一人でも多くの人に見てもらいたい」と話した。

 時間は午前9時~午後5時(最終日は午後3時まで)。水曜日休館。問い合わせは同美術館〈電0557(45)2211〉へ。

 【写説】個性あふれる作品が並ぶ展示室=伊東市十足の池田20世紀美術館

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集