稽古も大詰め 24日に「手習い妓の会」―伊東旧見番

伊東版 2019年02月19日

稔芳野さん(手前)の指導を受け振り付けを確認する芸妓衆=松原湯端町の伊東旧見番
稔芳野さん(手前)の指導を受け振り付けを確認する芸妓衆=松原湯端町の伊東旧見番

 24日の「手習い妓(てならいこ)の会」(伊豆新聞本社など後援)に向け、伊東芸妓置屋協同組合(伊東旧見番、三島幸枝理事長)の芸妓(げいぎ)衆の稽古が追い込み・仕上げの段階に入った。本番でより良い舞が披露できるよう、振付・指導の花柳稔芳野(としよしの)さんが手の動きや足の運びだけでなく、心情的な部分も含めて細かくチェックしている。

 演目は祝いの舞「君が代松竹梅」のほか、俗曲集、長唄、大和楽、総踊りなど。芸妓衆が三味線、唄に挑戦する端唄「梅は咲いたか」、当日お楽しみの「芸(GEI)−POP」もある。2部構成で1部は午後1時、2部は4時の開演。場所は松原湯端町の同見番。料金は1席3500円(要予約)。2部はほぼ埋まったが、1部はまだ余裕があるという。

 稔芳野さんは「芸妓衆は技術的、精神的にも成長してきた。前向きに取り組んでいる姿勢も合わせて、ぜひ見てほしい」と来場を呼び掛ける。

 問い合わせは伊東旧見番〈電0557(37)4105〉へ。

 【写説】稔芳野さん(手前)の指導を受け振り付けを確認する芸妓衆=伊東市松原湯端町の伊東旧見番

各地の最新の写真
伊東
伊東は高島礼子さんら 連続ドラマ「料理人ワタナベ」ゲスト発表
下田
現職と新人各7陣営、1超、少数激戦か 下田市議選予定者説明会
中伊豆
「地酒で乾杯条例」可決 最終本会議終了後にデモ―伊豆市議会
熱海
のぼり旗で静岡DCPR 機運盛り上げへ熱海市

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)